進研模試

全国最大規模の受験者数に基づく精度の高いデータや合格可能性判定を基に志望校選択、目標達成をサポート!

進研模試Q&A

Q.進研模試の偏差値は他の模試とは違うの?

偏差値は模試や母集団が変われば異なります。

入試の合否は合計点で決まります!

入試では2科目以上受験した場合、科目の合計点の順位で合格、不合格が決まります。

  • 進研模試でも、受験した科目の合計点から偏差値を算出しています。
  • 進研模試では、合計点での順位と偏差値での順位が一致します。
  • 進研模試は、入試と同じ方法で算出した偏差値を使っていると言えます。

入試では競争集団が決まっています!

入試では同じ学部・学科を志望する集団の中で合否が決まります。

  • 進研模試では、国数英3教科の偏差値なら、その3教科の受験生だけ(英語1教科受験者や国英受験者などを含まない)の母集団から偏差値を算出しているので、入試により近い条件で、合格可能性判定を出すことができます。

【例】5教科偏差値の算出方法

【例】5教科偏差値の算出方法

(1) 合計点偏差値方式(進研模試)

5教科受験者全員の合計点から、平均点と標準偏差を算出して偏差値を求めます。
(平均点500点、標準偏差20の場合)

偏差値=(個人の得点-平均点)÷標準偏差×10+50

(522-500)÷20×10+50=61.0

(2) 科目偏差値方式(他の模試)

科目ごとの偏差値を配点に合わせて平均します。

(67×200+56×200+60×200+55×200+56×100)/900=59.1

※(1)と(2)では偏差値の集計方法が違うので、算出される偏差値も異なります。

●注意●
1.模試によって偏差値の集計方法が違うため、合格目標偏差値などは、それぞれの模試のものを見てください。
2.進研模試の偏差値を他の模試の合格可能性判定基準に当てはめることはできません。