進研模試

全国最大規模の受験者数に基づく精度の高いデータや合格可能性判定を基に志望校選択、目標達成をサポート!

進研模試Q&A

Q.判定がたくさん出ているけれど、どれを見ればいいのですか?

マーク模試、記述模試それぞれの特徴を把握して判定を見ると、志望校合格に向けての対策が立てやすくなります。

国公立大・センター試験利用私立大・短大を志望する場合

赤色の記号(●)がその模試で最も注目してほしい判定です。
※同じ記号(△・▲・■・☆・★)の組み合わせでドッキング判定を行っています。

判定の種類

1次判定

2次判定

ドッキング判定

記述総合判定

判定の内容

マーク模試をセンター試験に見立てた判定。志望校のセンター試験に必要な学力の到達度がわかる。 記述模試を個別試験に見立てた判定。志望校の個別試験に必要な学力の到達度がわかる。 マーク模試をセンター試験に、記述模試を個別試験に見立てて、志望校の入試に必要な総合学力がわかる。 1回の記述模試で志望校の入試に必要な最新の総合学力がわかる。

判定に必要な
受験科目

志望校のセンター試験の入試科目 志望校の個別試験の入試科目 ドッキング対象のマーク模試と記述模試で1次・2次判定それぞれに必要な科目 志望校のセンター試験と個別試験に必要な入試科目

3年4月記述

   

3年6月マーク

    △ ▼  

3年7月記述

      ▼

第1回ベネッセ・
駿台マーク

  ※注1 ■※注1  

第2回ベネッセ・
駿台記述

  ■ ☆ ★

第3回ベネッセ・
駿台マーク

   
データネット  
※注2
    ★
※注2
 

ピンチで拡大

※注1  夏休みを挟んで学力差が大きくなるので、3年7月記述とのドッキング判定は行っていません。
※注2 センター試験自己採点集計です。第2回ベネッセ・駿台記述模試を受験していればドッキング判定が出ます。

私立大・短大・その他を志望する場合

志望校の個別試験に必要な科目を受験すれば、記述模試・マーク模試に関わらず総合判定が出ます。

「総合判定」とは、志望校の入試科目・配点で算出した判定です。