知的財産権侵害事例

知的創造活動によって生み出された制作物を「知的財産」と呼ぶ。知的財産は創作した人の財産として保護されており、この知的財産権を侵害する行為は、法律で禁じられている。例えば、本や雑誌の内容を無断で引用・改変することや、自分以外の人が作成したイラストや音楽、映像などを無断でインターネットにアップロードすることは、知的財産権侵害にあたる。なお、違法にインターネットにアップロードされていると知りながら、その音楽や映像をダウンロードする行為も禁じられている。

どんなリスクがある?

  • ・本やインターネットに掲載されている文章や図、イラストを無断で転用して権利を侵害してしまう。
  • ・音楽や映像(テレビ番組、映画、オンライン動画など)を無断でインターネットにアップロードして権利を侵害してしまう。
  • ・マンガや雑誌の内容を写真に撮って、無断でインターネットにアップロードして権利を侵害してしまう。
  • ・違法にアップロードされた音楽や映像をダウンロード・視聴して権利を侵害してしまう。

どんなことに気をつければいい?

  • ・他者が作成したものを転用するときは許可をとる。人物が映っている写真や画像の場合は、被写体に肖像権が発生するため、被写体にも許可をもらう必要がある。
  • ・タレントやアーティストなど、有名人の氏名や肖像を財産的に利用する権利をパブリシティ権といい、無断で掲載するとパブリシティ権を侵害することになるので注意が必要。
  • ・無断でインターネットにアップロードされている音楽や映像をダウンロード・視聴しない。
ワンポイント解説 友達の作品や写真を無断でアップロードするのも違法?

著作者は、創作した時点で、人格的な利益を保護する著作者人格権と、財産的な利益を保護する著作権(財産権)を有する。著作者人格権は、作品を公表するかしないか、著作者名を表示するかしないか、著作物の内容または題号を自分の意に反して勝手に改変されない、といった権利のことで、著作者だけが持っている権利。そのため、たとえ市販されていない音楽やイラストだとしても、作品には著作権が発生しているため、許可なくアップロードすることは著作権侵害となる。なお、人物が映っている映像や写真には、撮影した人に対しては著作権が、写っている人に対しては肖像権という権利がそれぞれ発生するため、双方の許可が必要だ。

事例 事例