フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、銀行やショッピングサイトなどを装った電子メールを送り、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為のこと。電子メールのリンクから偽サイトに誘導して、そこで個人情報を入力させる手口が一般的に使われている。ID、パスワードを不正に利用した、なりすましや預金引き出しなどの被害に遭わないためにも、フィッシング詐欺に引っ掛からないよう注意が必要だ。

どんなリスクがある?

  • ・個人情報が流出し、不特定多数の犯罪者に悪用される。
  • ・インターネットバンキングのID、パスワードなどを盗まれて、銀行口座の預金が引き出される。
  • ・インターネットオークションのID、パスワードなどを盗まれて、なりすまし被害に遭う。

どんなことに気をつければいい?

  • ・怪しいと思う電子メールのURLにはアクセスしない。WEBブラウザのブックマークに正しいURLを登録しておき、そこからアクセスするようにする。
  • ・パソコンにセキュリティソフトを導入する。フィッシングメールなどのスパムメールを自動的に迷惑メールフォルダに振り分けたり、フィッシングサイトへのアクセスを事前にブロックしてくれたりする機能がある。
ワンポイント解説 被害に遭わないために、具体的な手口を知ろう

<ネットゲームを語るフィッシング詐欺事例>

ネットゲームからの連絡と偽り、電子メールからID再登録サイトへ誘導し、名前や住所、クレジットカード番号などの個人情報を盗み取ろうとする。電子メールに記載されている情報は正しいものとは限らないため、問い合わせの電話をかける場合には必ず正規のWEBサイトで連絡先の電話番号を調べるようにしよう。

メッセージ例1

事例 事例
  • 偽のID、パスワードが掲載されているURL。
  • 偽のID再登録サイトに誘導して入力された名前や住所、クレジットカード番号などを盗み取る。

メッセージ例2

事例
  • 偽のログイン先に誘導して、アカウントを盗み取る。

<無料プレゼントを語るフィッシング詐欺事例>

人気商品の無料プレゼントと称して、電子メールやSNS上でのメッセージで、応募サイトへ誘導し、名前や住所、電話番号などの個人情報を盗み取ろうとする。信頼できるサイト以外のプレゼント応募は控えよう。

メッセージ例3

事例 事例
  • 偽のプレゼント応募サイトに誘導して入力された名前や住所、電話番号などを盗み取る。