学年選択でキミに合った情報を表示しよう!

※学年設定をクリアする

Benesseマナビジョン

トピックス
ホームトピックス気持ちを落ち着かせるために 受験生を励ます8つの言葉

気持ちを落ち着かせるために
受験生を励ます8つの言葉

  • トピックス
  • 2017.02.01

志望校合格のその日まで、がんばり続ける受験生に贈る8つの言葉。緊張して眠れない夜に、そして受験当日の朝に見て、自分を励ましてほしい。

先輩たちが受験生に贈る、8つの言葉

入試本番に臨む受験生に向けて、大学生の先輩からたくさんのエールが届いている。激励の言葉を噛み締めて、ラストスパートを走り抜けよう。

1.緊張しない人なんていない
  • この1年、入試当日に向かってがんばってきたわけですから、緊張しないわけがないですよね。無理に「緊張しちゃダメだ」と思うのではなく、「緊張するものだ」と割り切ってしまいましょう。気持ちが少し楽になりますよ。

    ここで、これまでのがんばりを思い出してみましょう。初めは新品だった参考書も今ではボロボロに、でも手に馴染むようになっているのではないですか。それこそ自分ががんばってきた証なのですから、自分を信じましょう。

2.不安はただの足かせ
  • 何か1つでも不安に感じると、あれもこれもと、心配事がどんどん増えていきます。でも、それはみんな同じですし、僕だってそうでした。不安を引きずっているようだと、本番で本当の実力を発揮できません。入学後の大学生活を想像して、前向きな気持ちで過ごしてください。振り返ってから悔やむのは、試験が終わってからでも遅くないですから。

3.自分を支えられるのは自分だけ
  • 合格するかどうかなんて、学校の先生にも、予備校の講師にも、誰にもわかりません。自分の手でつかみ取るしかないのです。「どんなことがあっても合格する!」、そういう心構えで自分を支えてください。無理をしても、笑っていてください。自分が一番できるんだと思い込んでください。最後の最後に頼れるのは、自分自身ですよ!

4.足を止めずに、最後まで歩もう
  • 今のがんばりが、将来の夢や目標を叶えることにつながります。ここまでがんばってこられたのも、叶えたい思いがあったからではないですか?立ち止まっていては何も始まりません。「何が何でも合格するぞ!」と思える人が、最後まではい上がっていけるのです。

5.人事を尽くして天命を待つ
  • 私の好きな言葉は「人事を尽くして天命を待つ」。できる努力をやり尽くしたら、後は運命に任せてただ待つのみ、という意味です。今みなさんがすべきなのは、入試に向けて勉強すること。合格通知を見てガッツポーズをしている姿を想像しながら、もう少しの間だけがんばってみてください。

6.苦しい期間ももう終わり
  • 長かった受験生活も、もう終わりですね。これまで苦しいことがたくさんあったと思いますが、ここまできたら、あとは入試会場で力を尽くすだけ。いつもの自分を信じて、一点でも多く取るつもりで目の前の問題にぶつかっていきましょう。

7.受験生活は人生の糧
  • 受験生活に、無駄な努力なんて1つもありません。辛い経験や我慢の積み重ねは成長につながります。受験生活で得られるものは勉強の成果だけではないのです。絶対に今後の人生に役立ちますから、あきらめずに前に進んでください。

8.あきらめなければ逆転できる!
  • 何より大切なのは、あきらめないこと。ありふれたことですし、何度も言われているかもしれませんが、私自身が受験を通して実感しました。私も友達も、模試の不利な判定を覆して合格を手にすることができたからです。最後まで結果はわかりませんから、全力で挑んでみてください。

SNSでみんなと共有してね!