学年選択でキミに合った情報を表示しよう!

※学年設定をクリアする

Benesseマナビジョン

大学情報
ホーム大学情報応援だけがチアじゃない!注目の大学チアリーディング部

応援だけがチアじゃない!注目の大学チアリーディング部

  • 大学情報
  • 2016.05.13

チアリーディング部の応援は、大学スポーツの試合を盛り上げるために欠かせない存在だ。一方、近年は応援だけにとどまらず、アクロバティックな技を披露する競技大会も活発に行われている。特に有名な大会が、中学、高校、大学、社会人、各団体の日本一を決める「JAPAN CUP」。今回はチアリーディングのスポーツ性に注目して、この大会の常連校を紹介しよう。

全国大会3連覇! 日本文理大「BRAVES」

日本文理大BRAVESは、国内では珍しい男女混成のチーム。2013年からJAPAN CUPを3連覇しており、数多くの日本代表選手を世に送り出してきた名門校だ。男子が演技に加わることを生かし、ダイナミックな動きを得意としている。

競技大会だけでなく、ステージ公演にも精力的。年に1回行う大規模な公演会のほかに、大分県のテーマパークとコラボしたステージも開かれている。

全国初の三冠王! 梅花女子大「ALL RAIDERS」

大学のチアリーディングにはJAPAN CUPのほかに、選抜大会、学生選手権という全国大会がある。これら3つの大会を初めて完全制覇したのが梅花女子大ALL RAIDERSだ。国際大会での優勝経験もある。

梅花女子大は、演技や身体表現の教育に力を入れていて、全学科の学生がバレエ、ダンス、ミュージカルの授業を受けられる。そうした風土があるために、ALL RAIDERSにも優れた人材が集まりやすいのかもしれない。

今年こそは優勝なるか? 帝京大「BUFFALOS」

2001年に創部されてから、着々と実力を伸ばしている注目校。JAPAN CUPではここ数年、日本文理大との激しい優勝争いをみせている。大学の指定強化クラブとして手厚い支援を受けていることが、急激なレベルアップにつながったようだ。

興味があれば、「イヤーブック」というBUFFALOSの活動を紹介するパンフレット(ホームページに掲載あり)を読んでみよう。選手へのインタビューなどが載っていて、読み物としてもおもしろい。

まだほかにも! 今後の活躍に注目したい大学

青山学院大「REESES」

規定演技(決められた演技内容の質を競う部門)に定評のあるチーム。学校や企業から依頼されて出張演技を行うことがあるなど、活動の幅が広い。

同志社大「CHEERING ANGELS」

大学応援団に所属しているチアリーダー部。応援団員、吹奏楽部員と一緒に行う応援を中心に活動しているが、競技大会での成績も優れている。

大阪学院大「PHOENIX」

ここ数年JAPAN CUPでの成績を上げ続け、最高順位は4位。大阪学院大はハワイ・ホノルル市と交流があり、PHOENIXが現地の駅伝大会の公式チアリーダーに任命されていたこともある。

チアリーディングは、選手の応援だけでなく、観客も楽しませてくれる。競技大会はもちろん、大学スポーツの応援でもさまざまな技を見られるので、好きなスポーツの観戦時に注目してみよう。

関連コンテンツ
SNSでみんなと共有してね!
gousen