学年選択でキミに合った情報を表示しよう!

※学年設定をクリアする

Benesseマナビジョン

大学情報
ホーム大学情報お金はどのくらいかかるの?滞在中の住まいは?海外進学よくあるお悩みQ&A

お金はどのくらいかかるの?滞在中の住まいは?
海外進学よくあるお悩みQ&A

  • 大学情報
  • 2016.09.15

海外進学を希望する人の多くが、見知らぬ土地での初めての生活に不安を覚えるはずだ。今回は、現地での生活費も含めた海外進学にかかるお金と、住まい事情について解説していこう。

Q.1年間でどのくらいお金がかかるの?

A.学費と生活費を足して、300万円は見込んでおこう

滞在する国や場所、学校の種類、為替レート等によって幅があるが、1年間で300万円~350万円は必要になる。

【留学にかかる費用】

学費(語学学校の場合)1か月あたり約13万円~18万円
※3か月~10か月程度のコースに通学した場合
学費(2年制大学の場合)1年あたり約70万円~150万円
生活費(ホームステイ代を含む)1か月あたり約8万円~12万円

※私立大学や、医療系のコースなどでは、300万円を超える学校もある

※食費を含む

※都市部や地方部で差があります

一方、国内の私立大に進学し、一人暮らしをした場合の費用は以下のとおり。

【国内の私立大進学にかかる費用】

学費(理系の場合)1年あたり約120万円
学費(文系の場合)1年あたり約90万円
生活費1か月あたり約9万円

アメリカの私立大を希望する場合、名門校ほど学費が高くなる傾向がある。そのほか国内進学と同様に、大学か専門学校(語学学校)か、国公立か私立か、文系か理系か、地方か都市部か、条件によって費用に差がつく。保護者と予算について話し合ってから、専門の留学カウンセラーに相談し、進学先を絞り込むといいだろう。

Q.留学中はどこに住むの?

A.ホームステイや学校の寮が一般的

楽しい留学生活を送るためには、生活環境が安全であることがとても重要。やはり同居者のいる環境が安心できるようで、留学生の多くはホームステイをするか、学校の寮から留学をスタートするようだ。現地の友達と暮らすハウスシェアも費用を抑えたい人にはオススメだ。以下、それぞれの特徴を見てみよう。

<ホームステイ>

  • 外国語を使うチャンスが豊富で、語学の上達が早い
  • 現地の文化や生活習慣を学びやすい
  • 学校や、学校の信頼する代理店が手配する家庭なので、安心できる

<学校の寮>

  • 同じ学校の生徒と仲良くなりやすく、キャンパスライフを楽しみやすい
  • キャンパス内や学校の近くに立地していて、通学が楽

<ハウスシェア>

  • 自由な時間を過ごしやすい
  • 現地の生活に慣れたうえで、よく下調べをしたり、仲間を見つけたりする必要がある
  • 個人差はあるが、費用は割安になる

大切な進路だからこそ…
「ベネッセの海外留学センター」に相談しよう!

「特別やりたいことが見つからない」「将来やりたいことと学びたいことが異なっている」「適切な志望校が絞り込めない」「はじめて1人で海外に渡るので、現地の生活に対して不安がある」など、さまざまな悩みが出てくるかもしれない。悩みがなかなか解決しないのなら、「ベネッセの海外留学センター」のカウンセリングを受けてほしい。

カウンセラーは、海外進学にも国内進学にも精通しているプロ。予算や目的などの条件から、キミに合った進路を教えてくれるはずだ。サポートは、志望校選びから受験、渡航準備、現地での生活まで続くので、渡航後も安心だ。

カウンセリングは無料で、対面、電話、メールのいずれでも可能。全国で開催している海外進学イベントでも相談できるので、気軽に利用してほしい。

ベネッセの海外留学センター

ベネッセの海外進学サポート お問い合わせ・資料請求

SNSでみんなと共有してね!