専門学校を知る

応用編

専門学校と短大・大学のちがいは?

全国に設置されている専門学校は2,823校。大学は779校ですから、4倍近くの専門学校があります。ただし学生数は、専門学校生58.9万人に対して、大学は255.6万人と、大学が4.5倍もいます。専門学校は最低40人の定員から設置することができるので、小規模な学校から、大学並に多くの学科を揃えた大規模な学校まで、特色を生かしたきめ細かい教育を展開することができます。

専門士、高度専門士って?

専門学校の修業年限は学科によって1年から4年までありますが、最も多いのは2年制の学科で全体の半数以上を占めています。医療分野では国家資格の関係で3年制以上の学科が多く、4年制にも医療関係のほか情報処理系やビジネス系、デザイン系などさまざまな学科があります。1~3年制の学科を修了したのちにさらに高度な勉強をしたいという人のためのハイレベルな上級コースを設置している学校もあります。

推薦入学に必要な成績は?

推薦入学の条件は専門学校によって違いますが、高校時代の学習成績概評C以上あるいは評定平均値2.7以上、3年間での欠席日数が20日以下、などを条件とする学校が多いようです。

とくに成績の基準を設けずに高等学校長の推薦書だけでOKとする学校や、クラブ活動やボランティア活動などの実績をアピールできる推薦もあります。また、「自己推薦」により本人のヤル気や適性を重視する学校も増えてきています。

専門学校にもAO入試があるの?

専門学校でも、AO(アドミッションズ・オフィス)入試を実施するところが増えてきています。東京都の専門学校の場合、エントリー(登録)の受付は入学年度前年の6月1日以降に開始され、入学内定の事務手続きは8月1日以降に行われます。

AO入試はエントリーシートや面接などにより合否が決まりますが、何よりも「その学校に入学したい」という自分の気持ちが決め手となります。選考基準や選考方法・入学内定までのスケジュールは学校ごとにさまざまですが、学校見学会や体験入学、オープンキャンパスなどいろいろなイベントに参加したレポートを提出させたり、面接、グループディスカッションなどを通じて志望者の適性とやる気を判定します。

大学や他の専門学校との併願はできますか?

推薦入試やAO入試では併願を認めないのが普通ですが、一部に大学や短大との併願に限って併願先の合格発表まで待ってくれる専門学校もあります。単願を原則とする学校で入学辞退をすると、出身高校と専門学校の信頼関係を損ねることになりますので、出願のときに確認しておきましょう。
一般入学の場合は併願は自由ですので、複数学校に出願する場合は、入学手続き締切日を確認しておきましょう。

大学で取得した単位は認められるの?

大学、短大を卒業して専門学校へ入学する人も増えていますが、一般教養や外国語など、専門学校と共通する科目がある場合には、受講が免除されることがあります。一部医療系の学科では単位免除措置を細かく決めている学校もありますので確認してみましょう。