大学・専門パンフを取り寄せてQUOカードGET

パンフ・願書を取り寄せる

文化服装学院

ブンカフクソウガクイン / 東京
専修学校

先生からのメッセージ

世界のファッション界で活躍する、優れた人材育成が使命です。

本学院について

画像ALT

文化服装学院は、日本における洋裁技術の普及をめざし、1919年に開校した「婦人子供服裁縫教授所」に始まります。1923年にはわが国で最初の服飾教育の学校として認可され、以来、日本のファッション教育の中心的な存在として、産業界と密接に連携し、その発展とともに歩んでまいりました。業界全域をフォローする学科を設置したオリジナルカリキュラムにより、グローバルな視野でファッション産業界における人材育成の機能向上を担い、国際レベルのクリエーターを数多く輩出しています。

本学院の使命

近年では日本におけるファッション教育をリードする立場から、4年制大学卒業と同等の高度専門士の称号が付与される「ファッション高度専門士科」「グローバルビジネスデザイン科」を設置、実践的・専門的な教育を推進するだけでなく、企業との共同研究をはじめ、産・官・学による多くのコラボレーションを展開するなど、時代に即応した進化発展を続けています。

社会の動向をしっかりと見据え、産業界と教育機関が一体となって、日本と世界のファッション教育をレベルアップし、環境問題等も含めて持続可能な社会作りに貢献していかなければなりません。世界をリードする文化服装学院のカリキュラムをもって、学生の創造性や独創性を育み、国際舞台で活動するクリエーターを育成することが本学院の使命だと考えています。

本学院の教授

指導に当たる教授陣は、90年以上の歴史の積み重ねによる実績と経験から自信と誇りを持って指導するとともに、ファッション業界で第一人者として活躍した経験に基づく豊富な知識と実務能力を兼ね備えており、次の時代を託す後継者を育成するため責任と誠意を持って授業の運営を行なっております。

先生のプロフィール

小杉 早苗先生

文化服装学院デザイン科卒。文化服装学院専任教授、文化ファッションビジネススクール校長などを経て、現BFGUファッションビジネス研究科科長。「ミセスの服」シリーズ(文化出版局)など著書多数。そのほか、「装苑」編集委員、日本アパレル産業協会ファッションクリエイション人材育成専門委員会委員、JCジャパン・クリエーション実行委員会委員などを務める。

ページの先頭へ

パンフ・願書を取り寄せる