大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET
見つけよう!きみが活躍したい場所 将来がちょっと見えてくるショートストーリー
デザイン系の職業

グラフィックデザイナーの仕事がわかる!ショートストーリー

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

書籍、雑誌、新聞、広告、ポスター、カタログ、パッケージ、CDジャケットなど、主に印刷物のデザインを行うのがグラフィックデザイナーだ。
書籍、雑誌、新聞、広告、ポスター、カタログ、パッケージ、CDジャケットなど、主に印刷物のデザインを行うのがグラフィックデザイナーだ。
デザインの仕事は予定どおり進まないことが多く、会社勤務でもフリーでも、生活は不規則になりがちである。
デザインの仕事は予定どおり進まないことが多く、会社勤務でもフリーでも、生活は不規則になりがちである。
仕事は一見華やかに見えるが、実際は細かい地味な作業も多く、手先の器用さや緻密さ、計算能力などが要求される。そして、自分のデザインを主張する説得力も必要だ。
仕事は一見華やかに見えるが、実際は細かい地味な作業も多く、手先の器用さや緻密さ、計算能力などが要求される。そして、自分のデザインを主張する説得力も必要だ。
まずは抽象的なイメージを具体的に表現できる技術が必要。独創的な作品を作り出すには、美的感覚や柔軟な発想力が欠かせない。人の先を行く時代感覚も成功の条件と言える。
まずは抽象的なイメージを具体的に表現できる技術が必要。独創的な作品を作り出すには、美的感覚や柔軟な発想力が欠かせない。人の先を行く時代感覚も成功の条件と言える。
広告をトータルに制作する場合はアートディレクター、書類や雑誌の表紙などを扱う場合はエディトリアルデザイナーというように、グラフィックデザイナーの仕事も専門家、細分化している。これからめざす人は、どの分野が自分に適しているかを見極めて勉強する必要がある。
広告をトータルに制作する場合はアートディレクター、書類や雑誌の表紙などを扱う場合はエディトリアルデザイナーというように、グラフィックデザイナーの仕事も専門家、細分化している。これからめざす人は、どの分野が自分に適しているかを見極めて勉強する必要がある。

きみの好きなこと、得意なことから、活躍したい場所がきっと見つかるはず。
気になる職業を、もっと知ってみよう!