大学・専門学校のパンフ・願書を取り寄せよう!
見つけよう!きみが活躍したい場所 将来がちょっと見えてくるショートストーリー
社会福祉系

介護福祉士の仕事がわかる!ショートストーリー

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

介護福祉士は、福祉に関する専門知識と医学的な介護技術を身につけ、施設あるいは在宅で、それらの人々の介護を支援する専門家だ。
具体的には、入浴や排せつ、食事など身の回りの世話をし、本人ができるだけ自立した生活が送れるように援助する。また、家族に対して介護の指導も行う。
介護福祉士は、福祉に関する専門知識と医学的な介護技術を身につけ、施設あるいは在宅で、それらの人々の介護を支援する専門家だ。
具体的には、入浴や排せつ、食事など身の回りの世話をし、本人ができるだけ自立した生活が送れるように援助する。また、家族に対して介護の指導も行う。
寝たきりや認知症の高齢者などを介護するには、福祉に対する情熱や、介護する人とその家族への理解や思いやりがないとつとまらない。また、高齢者が無力感や疎外感を抱くことがないように、根気よく励まし、導くことが必要なので、包容力や忍耐力も要求される。
寝たきりや認知症の高齢者などを介護するには、福祉に対する情熱や、介護する人とその家族への理解や思いやりがないとつとまらない。また、高齢者が無力感や疎外感を抱くことがないように、根気よく励まし、導くことが必要なので、包容力や忍耐力も要求される。
2016年度からは、一定の教育プロセスを経たあとに国家試験を受けて資格を取る制度となる。受験資格を得るには、①福祉系高校を卒業する、②特例高校を卒業し実務経験を9か月以上積む、③大学の福祉系学部や社会福祉士・保育福祉士養成施設などで必要な科目を履修し、さらに指定の養成施設で1年以上学ぶ、などの方法がある。
2016年度からは、一定の教育プロセスを経たあとに国家試験を受けて資格を取る制度となる。受験資格を得るには、①福祉系高校を卒業する、②特例高校を卒業し実務経験を9か月以上積む、③大学の福祉系学部や社会福祉士・保育福祉士養成施設などで必要な科目を履修し、さらに指定の養成施設で1年以上学ぶ、などの方法がある。

きみの好きなこと、得意なことから、活躍したい場所がきっと見つかるはず。
気になる職業を、もっと知ってみよう!