大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET
見つけよう!きみが活躍したい場所 将来がちょっと見えてくるショートストーリー
法務系の職業

司法書士の仕事がわかる!ショートストーリー

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

家を新築したり、土地や建物を売買したりするときには、複雑な書類の作成や法律上の手続きが必要だ。これらの処理は専門的な法律知識がないと難しいため、司法書士が一般市民や企業から依頼を受けて、手続きを代行している。
家を新築したり、土地や建物を売買したりするときには、複雑な書類の作成や法律上の手続きが必要だ。これらの処理は専門的な法律知識がないと難しいため、司法書士が一般市民や企業から依頼を受けて、手続きを代行している。
最も多い仕事は、土地や建物を売買する際に必要な不動産登記だ。また、会社を設立するときに必要な商業登記の依頼も多くある。裁判所、検察庁、法務局などに提出するそのほかの書類の作成や手続きについても、ほとんど司法書士が行っていると言ってよいだろう。
最も多い仕事は、土地や建物を売買する際に必要な不動産登記だ。また、会社を設立するときに必要な商業登記の依頼も多くある。裁判所、検察庁、法務局などに提出するそのほかの書類の作成や手続きについても、ほとんど司法書士が行っていると言ってよいだろう。
依頼者の財産や権利にかかわる仕事なので、慎重できちょうめんな人、確実な仕事ができる人に向いている。そして、公正で正義感が強く、法律を隅々まで熟知していること、依頼者が安心して任せられる誠実な人であることも条件だ。
依頼者の財産や権利にかかわる仕事なので、慎重できちょうめんな人、確実な仕事ができる人に向いている。そして、公正で正義感が強く、法律を隅々まで熟知していること、依頼者が安心して任せられる誠実な人であることも条件だ。
司法書士になるには、国家試験である司法書士試験に合格しなければならない。
試験は年齢、学歴を問わずだれでも受験できるが、高度な専門知識が必要だ。この難関を突破するには、大学の法学系学部に進学するのが一般的だ。
司法書士になるには、国家試験である司法書士試験に合格しなければならない。
試験は年齢、学歴を問わずだれでも受験できるが、高度な専門知識が必要だ。この難関を突破するには、大学の法学系学部に進学するのが一般的だ。

きみの好きなこと、得意なことから、活躍したい場所がきっと見つかるはず。
気になる職業を、もっと知ってみよう!