見つけよう!きみが活躍したい場所 将来がちょっと見えてくるショートストーリー
医療・看護系の職業

理学療法士の仕事がわかる!ショートストーリー

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

理学療法士は、病気や事故などで身体が不自由になった人たちの身体機能の回復を図り、社会復帰を手助けするスペシャリストです。
理学療法士は、病気や事故などで身体が不自由になった人たちの身体機能の回復を図り、社会復帰を手助けするスペシャリストです。
リハビリテーションはすぐに効果が表れないことが多く、患者やその家族の精神的な負担も大きい。思いやりや忍耐力も大切です。
リハビリテーションはすぐに効果が表れないことが多く、患者やその家族の精神的な負担も大きい。思いやりや忍耐力も大切です。
主な勤務先は、一般病院やリハビリテーション施設、老人ホームなどの福祉施設など。患者の体を支えて歩行訓練をするなど、体を使った作業が主となります。
主な勤務先は、一般病院やリハビリテーション施設、老人ホームなどの福祉施設など。患者の体を支えて歩行訓練をするなど、体を使った作業が主となります。
治療に当たっては、ほかの関連医療スタッフとも意見を交換し、全体として統一された方針で治療を行うように調整します。
治療に当たっては、ほかの関連医療スタッフとも意見を交換し、全体として統一された方針で治療を行うように調整します。
理学療法士になるには、国家試験に合格する必要があります。 受験するには、養成課程がある大学・短大・専門学校か、指定の養成施設で3年以上学び、卒業することが条件です。
理学療法士になるには、国家試験に合格する必要があります。 受験するには、養成課程がある大学・短大・専門学校か、指定の養成施設で3年以上学び、卒業することが条件です。

きみの好きなこと、得意なことから、活躍したい場所がきっと見つかるはず。
気になる職業を、もっと知ってみよう!