職業情報 技能サービス系

調理師

調理師

調理師の仕事の内容

公共施設の給食から高級レストランまで

 調理師の活躍の場は多様だ。例えば学校や病院などで給食を作るのも、旅客機の機内食を作るのも調理師であり、街の食堂や料亭、高級レストランで腕を振るっているのも、もちろん調理師だ。また、日本料理は板前、西洋料理はコック、シェフなど、料理のジャンルによって、調理師の呼び方も変わる。
 人々のライフスタイルが変化し、外食が日常的になった現代では、イタリア料理やエスニック料理をはじめ、さまざまな料理を提供する店が増えてきた。また、テレビの料理番組などマスコミに料理人が登場する機会が多くなってきたこともあって、調理師への社会的関心が高まっている。

調理師の働き方と生活

勤務時間は長めになることが多い

 調理師の活躍の場は多岐に渡る。一般的には、先輩や知り合いからの紹介、求人への応募などで職に就き、見習いからスタートする。立ち作業が多く、火や刃物を扱うため神経も遣う。
 公共施設や社員食堂、給食施設などで働く場合は別として、レストランなどで働く調理師の勤務時間は長くなることが多いようだ。

調理師にふさわしい人

教えを請う前向きな姿勢と探究心が必要

 調理師は、経験と腕がものをいう世界で、店の中では調理師同士の間に明確な序列がある。年齢に関係なく、最初はだれでも雑用係の見習いからスタートする。不満があってもそれを表に出さず、常に何かを学ぼうとする熱心な姿勢で先輩調理師や料理長と接することが大切だ。
 さらに、長時間立ちっ放しで作業したり、重いものを持つことも多いので、体力も必要である。

調理師の収入、資格

収入 …  平均給与 約24万8000円(2012年厚生労働省調査)

関連資格 … 調理師

調理師の将来展望

食文化の発展によりニーズが高まる

 豊かな食生活が実現した今日、手の込んだ本格的な料理を求めるグルメが増えている。それにつれて調理師へのニーズはますます高まっており、特に腕のいい料理人は、ほかの店から高待遇でスカウトされることもある。
 また、和食が国際的に高い人気を得ていることもあり、海外で包丁一本、勝負してみるのもよいだろう。

調理師にはこうすればなれる

養成学校を卒業するのが近道

 調理師になるには、厚生労働大臣指定の調理師養成施設(修業年限1年以上)を卒業するか、調理師試験に合格するのが一般的だ。
 養成施設は専門学校、各種学校などに多く、卒業と同時に、無試験で調理師免許が取得できる。これらの学校では、知識や技術が学べ、就職の世話もしてもらえることが多いので、早く一人前の調理師として活躍したい人には近道である。
 調理師試験を受験して調理師免許を取得するためには、飲食店や給食施設などで2年以上の実務経験が必要になる。

調理師 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る