職業情報 芸能・芸術系

マンガ家

マンガ家

マンガ家の仕事の内容

現代の日本文化・マンガの担い手

 マンガ家の仕事は、主に、さまざまな形で発行されているマンガ雑誌に掲載するマンガを描くことだ。最近はマンガを使う媒体が増えており、例えば学習関連の出版物や公的な印刷物などで、わかりにくいテーマを説明するためにマンガを活用することも多くなった。そのため、マンガ家の活躍の場は確実に広がっていると言えよう。
 また、マンガ作品がアニメや映画になり、中には世界的なヒットとなっているものもある。マンガ家は、今や日本の文化の重要な担い手の1人と言える。
 世界から注目を浴びている日本のマンガ文化は、これからもさまざまな形で進化していきそうだ。

マンガ家の働き方と生活

連載を抱える場合はかなり多忙に

 マンガ家としてデビューし、連載が決まったとしても、読者の人気が低いと早々に打ち切られる場合もあり、かなりシビアな世界である。
 労働時間や休日はまちまちだが、締め切り日までに必ず原稿を仕上げなくてはならない。連載を抱えるマンガ家は多忙であるため、アシスタントを雇っていることが多い。

マンガ家にふさわしい人

作画技術以外にも多様な能力が必要

 マンガ家として成功するには、読者を引き込むストーリー作りや魅力的な登場人物の設定など、すべてに渡ってセンスと能力を兼ね備えていることが求められる。どの才能が欠けても、魅力ある作品はできない。そのため、個性的な作風や確かな作画技術はもちろんのこと、物語の構成力や時代に敏感なことなどが不可欠と言える。

マンガ家の収入、資格

収入 …  経験や能力により異なる

マンガ家の将来展望

世界にファンを増やす日本のマンガ

 日本は自他共に認めるマンガ大国で、子どもだけでなく大人もマンガを楽しんでいる。アジア諸国やヨーロッパ、アメリカなど海外でも、日本の人気マンガが翻訳・出版され、それらを原作としたアニメ映画などの人気も高まっており、今後も市場が拡大すると予測される。
 また、マンガの人気キャラクターの商品価値はかなり大きく、ゲームやさまざまなグッズに利用されており、その経済効果が期待されている。

マンガ家にはこうすればなれる

新人賞をねらうか出版社へ持ち込むか

 マンガ家になるための一般的な方法は、各マンガ雑誌で募集している新人賞に入選することだ。新人賞を受賞すればその雑誌に作品が載るチャンスがあるし、その後もバックアップしてもらえる。たとえ入選できなくても、将来性があると判断されれば、編集者がついてデビューまでの面倒を見てくれることもある。また、自分の作品を出版社に持ち込み、編集者に見てもらうという方法もある。編集者とのつながりができれば、その後も持ち込みやすく、アドバイスを受けることもできる。
 そのほかには、売れっ子マンガ家のアシスタントとして修業しながら作品を描きため、そのマンガ家担当の編集者に売り込む方法がある。
 最近はマンガ家養成の専門学校がありそこからプロを目指す人もいる。

マンガ家 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ