職業情報 芸能・芸術系

イラストレーター

イラストレーター

イラストレーターの仕事の内容

多様な印刷物のイラストを描く

 雑誌やポスターなどに使われるイラストの原画を描くのが、イラストレーターである。
 絵画と違うのは、イラストは大量に印刷されて多くの人の目に触れるという点だ。つまり、イラストは一つの素材であり、カレンダーやポスター、新聞、雑誌、単行本の表紙など、さまざまな使われ方をする。
 ほとんどの場合は、注文に応じてイラストを描くことになるので、独自の作風は必要なものの、自分の好みだけで描くわけにはいかない。クライアント(発注元)の要求を的確に受け止めて、目的に合ったものを締め切りに間に合うように完成させることが必要だ。

イラストレーターの働き方と生活

フリーで働く場合が多く労働時間はさまざま

 イラストレーターはフリーで活動する場合がほとんどだ。仕上がりのサイズや制作手法によって1点あたりの制作時間が異なるため、労働時間は人によって変わってくる。フリーという立場は、自分のペースで仕事ができる反面、仕事の多い時期には、締め切りが重なって徹夜になることもよくある。

イラストレーターにふさわしい人

独特の作風が売れっ子の条件

 絵が好きなことと、色彩感覚や造形感覚に優れていることが大前提。そして、基本技術に加えて、独特な作風やセンス、時代感覚を持っていることも売れっ子になる条件だ。また、努力して自分を磨いていける忍耐強さも必要だ。
 イラストレーターの仕事は、発注者があって初めて成り立つものであり、また、編集者などとの共同作業もよくあるため、人間関係をうまく保つ協調性や謙虚さも必要になってくる。

イラストレーターの収入、資格

収入 …  経験や能力により異なる

イラストレーターの将来展望

需要は高いが
人並み以上の努力と工夫が必須

 イラストへの需要やイラストレーター人気は今後も高いだろう。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で自分の描いたイラストを広め、Webを通してグッズを販売するなど、活動に変化が見られる。作品が人の目に触れやすくなった一方で、職業としてイラストレーターを続けるには相当の努力や工夫が必要とされる。

イラストレーターにはこうすればなれる

独自の作風を作り上げてから独立

 イラストレーターをめざすには、大学の芸術系学部の美術学科やデザイン学科、専門学校のイラストレーション科などでデッサン、色彩構成、絵画などの基本的技術を身につける。パソコンで制作することが主流となっているので、パソコンのスキルは必須と言える。卒業後、デザイン事務所などに勤め、経験を積んでから独立するのが一般的だ。
 とはいっても、入社してすぐイラストだけを仕事にできるのはまれで、雑用などをこなしながら、独自の作風を作り上げていき、作品をコンクールに応募するなどして、チャンスを待つ。
 また、最初からフリーをめざすなら、作品を広告代理店や出版社に持ち込むなど、自己PRをしながらチャンスを広げていく必要がある。

イラストレーター なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る