職業情報 芸能・芸術系

アニメーター

アニメーター

アニメーターの仕事の内容

絵を0.1ミリ単位で動かしながら描く

 アニメーターとは、原画を描く原画マンと、その原画を基に1コマ1コマ少しずつ動かしながら描く動画マンを指す。
 一つの作品ができるまでの流れは次のようになる。(1)企画に基づいてシナリオを作成(2)シナリオに沿って絵コンテを描き、効果音、撮影方法などを指示(3)絵コンテを基に登場人物の動きを考えて原画を描き、作画枚数などを指示(4)原画を基に、原画と原画との間をつなぐ動画を描く(5)トレース、彩色(6)背景設定(7)撮影(8)編集(9)アフレコ(録音)、ダビング。
 このように1本のアニメの完成までには、大変な時間と労力がかかる。

アニメーターの働き方と生活

見よう見まねで仕事を覚える

 アニメプロダクションや映画制作会社に就職したら、数年は修業期間となる。とにかく忙しい職場なので、先輩たちの様子を見ながら、見よう見まねで覚えていくこともある。
 一人前になり独立すると、作品ごとにプロダクションを渡り歩く人も出てくる。ベテランになると、さまざまな仕事を請け負うことも可能だ。

アニメーターにふさわしい人

アニメにほれ込んでいなければ続かない

 仕事がきつい割に収入が低いので、途中で辞めてしまう人も数多くいる。アニメーターとしてやっていくには、そんな苦労は覚悟のうえでこの世界に入るくらい、アニメが好きであることが条件と言える。
 また、仕事の性質上、デザインやデッサンの能力も求められる。さらに、クリエイティブな仕事なので、美的センスや独創性も当然必要だ。

アニメーターの収入、資格

収入 …  仕事の出来高による

アニメーターの将来展望

CGの普及でアニメ界に新しい動き

 近年、CGを使ってアニメーションを作ることが増えている。そのため、デッサンやデザインなど、従来の技術に加え、パソコンの技術も必要とされる。一方で、手描きならではの味わいや表現なども見直されており、それぞれのよさを生かした作品づくりが今後求められるだろう。

アニメーターにはこうすればなれる

学校で技術を身につけプロダクションに入る

 アニメーターになるには、美術系大学や専門学校などで必要な技術を身につけ、アニメプロダクションやアニメ制作会社に就職するのが一般的だが、最近はゲームソフト会社やインターネットのコンテンツ制作会社など、職場は広がりつつある。
 学校でも就職先のあっせんをしてくれるが、アニメーター志望者はたくさんいるので、在学中からアルバイトなどでプロダクションに顔をつないでおくのもよいだろう。
 また、プロダクションに属さずに、自主制作アニメやキャラクターデザインをアニメプロダクションに持ち込んで、一躍プロになる人も少数ながらいる。もちろん、こうして成功するためには、かなりの実力が必要であることは言うまでもない。

アニメーター なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る

ページの先頭へ