職業情報 教育系

塾講師

塾講師

塾講師の仕事の内容

生徒の希望に応じた学習対策で学力を伸ばす

 学習塾には、受験指導に重点を置く進学塾と、学校での授業の予習、復習を中心とする補習塾がある。塾に通っている子どもたちは、学習意欲に満ちた子どもから、学校の授業についていけないために通っている子どもまでさまざまだ。そのため塾講師は、学校とは違った塾の特徴を生かして、生徒1人ひとりの能力に合わせた少人数制やマンツーマン方式の指導を行うこともある。
 例えば、進学塾の場合は学年、科目、学力などを考慮して指導しやすいクラスを編成し、入試問題の傾向などを調べ、生徒の希望に応じた対策を立てて学力アップを図る。そして、必要な時期に、模擬テストなどを行う。

塾講師の働き方と生活

土曜が勤務日になる場合も多い

 専任講師の場合は、塾の規定の勤務時間に応じて8時間程度勤務するのが一般的である。時間講師の場合は自分のスケジュールに合わせて授業を担当し、フレキシブルに仕事ができる反面、労働条件が安定していないことも多いようだ。
 また、学校が休みの日に授業や試験を行うことが多く、土曜が勤務日のところも少なくない。

塾講師にふさわしい人

わかりやすく勉強を教えられる人

 学習塾には学習意欲や学力などが異なるさまざまな子どもが通ってくるので、塾講師は、こうした子どもたち1人ひとりに合わせて細やかな気配りができることが大切である。特に小、中学生は人間形成のうえで大切な時期なので、時には厳しく、時には優しく、愛情を持って接することができる人が望まれる。また、わかりやすくポイントを絞って教えられることも条件である。

塾講師の収入、資格

収入 …  平均給与 約26万5000円(2012年厚生労働省調査)

塾講師の将来展望

より優秀な人材が求められる傾向に

 子どもの数が減少していることなどから、塾の数が減り、経営状態も厳しくなっている。また塾に対する保護者の選別の目が厳しくなっているため、塾間の競争も激しくなっている。そのため、経営者は質の高い講師の確保にいっそう力を入れていくと考えられる。
 新しく塾を開くのは易しくはないが、立地条件などによっては可能であろう。

塾講師にはこうすればなれる

得意科目があると就職に有利

 教員と同じような仕事内容なので、教員養成課程や教育学系学部のある大学に進み、教員免許状を取得しておくと役に立つだろう。
 しかし、教員免許状がなくても、自信を持って教えられる得意科目があれば通用する。学習塾の中には、研修システムを取り入れて、教材や指導法などについて学ばせ、一定レベルの講師を養成しているところもある。
 募集、採用は塾ごとに行われており、面接と筆記試験が重視されるが、模擬授業による試験を行っているところもある。また、知人の紹介や経験で採用することもある。

塾講師 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る