職業情報 医療・看護系

看護師

看護師

看護師の仕事の内容

医師と共に患者の回復に尽くす

 主な仕事は、病院や診療所などで医師の診察や手術などを手助けして、病人やけが人などの体調の回復に努めることだ。勤務先は病院、診療所以外にも、社会福祉施設、訪問看護ステーション、保健所など広範囲に渡る。
 大病院の看護師は、病棟、外来、手術室といった具合に担当が分かれており、業務内容も異なる。病棟と外来の担当は、医師の診察の補助、カルテの整理や患者の検温などを行う。また入院患者の洗面、入浴、排せつ、食事などの手助けもする。手術室の担当は、手術の準備を整え、手術中は執刀医に必要な器具を手渡したり、患者の容体を見守ったりする。

看護師の働き方と生活

24時間体制で患者に対応する職場もある

 看護師の多くが、総合病院や個人医院、診療所で働いている。看護師の労働条件は厳しく、特に病棟担当の看護師は、24時間体制で入院患者に対応しなければならない。そのため、夜勤や休日出勤を含む、交代制の勤務形態が採られている場合が多い。従来は女性の多い職場だったが、近年は男性も増加している。

看護師にふさわしい人

患者の心のよりどころとなる誠実さが必要

 看護師には、まず患者の症状を正確に観察し、緊急時には、適切に対処する医学的知識・技術、冷静さや機敏さが求められる。もちろん、患者へのいたわりや思いやりの気持ちも欠かせない。
 入院患者の多くは、将来への不安で精神的に落ち込みやすい状態にある。そうした患者を理解し励ますためには、誠実な態度で、患者から信頼されることが必要である。

看護師の収入、資格

収入 …  平均給与 約33万円(2015年厚生労働省調査)

必須資格 … 看護師

看護師に必要な資格が取得できる大学を検索

看護師に必要な資格が取得できる専門学校を検索

看護師の将来展望

高齢化の進行でニーズが高まる

 現在、少子高齢化の進行、医療技術の進歩などに伴い、看護師のニーズは高まってきている。また、地域の訪問看護や福祉施設など、看護師の活躍の場は広がりつつある。さらに、中小病院や地方の病院では看護師が不足気味のところが多く、地域格差の是正や看護の質の向上が急務となっている。今後は高齢者看護においてもさらなる活躍が期待される。

看護師にはこうすればなれる

国家試験合格率は高い

 看護師になるには、看護師国家試験に合格する必要がある。受験資格は、大学や3年制短大の看護系学科、または病院や大学の医学部に付属する3年制看護学校などを卒業すると得られる。なお、大学や4年制専門学校の中には、看護師と保健師のカリキュラムを統合して学べるところもあり、卒業時に保健師の国家試験受験資格も得ることができる。
 近年の看護のニーズの高まりに応じて、看護師を養成する大学は増えてきている。
 看護師国家試験では、例年合格率が約9割と高い。

看護師 なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る