大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET
見つけよう!きみが活躍したい場所 将来がちょっと見えてくるショートストーリー
建築系の職業

建築技術者の仕事がわかる!ショートストーリー

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

建築技術者の仕事には、設計と施工などがある。
設計の担当者は、建築物の用途や規模など検討を重ね、設計プランを立てる。
施工担当者は、そうしてでき上がった設計図を基に実際に工事を進める。必要な資材、作業員などを手配し、工事が予定どおり進むよう現場監理をする。
建築技術者の仕事には、設計と施工などがある。
設計の担当者は、建築物の用途や規模など検討を重ね、設計プランを立てる。
施工担当者は、そうしてでき上がった設計図を基に実際に工事を進める。必要な資材、作業員などを手配し、工事が予定どおり進むよう現場監理をする。
施工分野の建築技術者は、屋外での作業が多く、悪天候やアクシデントなどの影響も受けやすいので、勤務時間は不規則になりがちだ。
建築資材や作業員の手配、作業手順の監理、苦情への対処など、現場で処理すべき問題が多いので、判断力や監督能力、統率力、気配りなどが必要。
施工分野の建築技術者は、屋外での作業が多く、悪天候やアクシデントなどの影響も受けやすいので、勤務時間は不規則になりがちだ。
建築資材や作業員の手配、作業手順の監理、苦情への対処など、現場で処理すべき問題が多いので、判断力や監督能力、統率力、気配りなどが必要。
一級建築士をめざすなら、大学の建築学科に進み、卒業後に2年以上の実務経験を積めば、受験資格が得られる。短大、専門学校などを卒業した場合には、卒業した学校に応じて2〜4年以上の実務経験が必要になる。
一級建築士をめざすなら、大学の建築学科に進み、卒業後に2年以上の実務経験を積めば、受験資格が得られる。短大、専門学校などを卒業した場合には、卒業した学校に応じて2〜4年以上の実務経験が必要になる。
感動を与える仕事は、おもしろい。きみも、もっと知ってみませんか?感動を与える仕事は、おもしろい。きみも、もっと知ってみませんか?
建築系の職業のイメージが見えてきたら、職種を絞ってさらに調べてみよう!

きみの好きなこと、得意なことから、活躍したい場所がきっと見つかるはず。
気になる職業を、もっと知ってみよう!