大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET
見つけよう!きみが活躍したい場所 将来がちょっと見えてくるショートストーリー
金融系

銀行員の仕事がわかる!ショートストーリー

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

金融業界の代表的な職業である銀行員の仕事は、主に預金業務、貸付業務、為替業務、国債などの債券の売買業務などから成り立っている。
預金業務で身近な例は、窓口業務や、その後方での出入金の処理などだろう。
金融業界の代表的な職業である銀行員の仕事は、主に預金業務、貸付業務、為替業務、国債などの債券の売買業務などから成り立っている。
預金業務で身近な例は、窓口業務や、その後方での出入金の処理などだろう。
銀行員は、顧客の大切なお金を預かり、それを運用するのが仕事なので、責任感が強く、信用のおける人柄であることが第一条件だ。そして、慎重・丁寧に、かつ素早く、正確に仕事をすることが求められる。また、サービス業的な面もあるので、人当たりがよく、相手に不快感を与えないことも大切だ。
銀行員は、顧客の大切なお金を預かり、それを運用するのが仕事なので、責任感が強く、信用のおける人柄であることが第一条件だ。そして、慎重・丁寧に、かつ素早く、正確に仕事をすることが求められる。また、サービス業的な面もあるので、人当たりがよく、相手に不快感を与えないことも大切だ。
銀行員になるには、大学、短大に進み、新卒で入社試験に合格するのが一般的なコースだ。入社後は研修を受けたのちに各部署に配属され、店舗ではテラー(窓口係)や貸付係などとして働くこととなる。
銀行員になるには、大学、短大に進み、新卒で入社試験に合格するのが一般的なコースだ。入社後は研修を受けたのちに各部署に配属され、店舗ではテラー(窓口係)や貸付係などとして働くこととなる。

きみの好きなこと、得意なことから、活躍したい場所がきっと見つかるはず。
気になる職業を、もっと知ってみよう!