見つけよう!きみが活躍したい場所 将来がちょっと見えてくるショートストーリー
運輸系の職業

航空整備士の仕事がわかる!ショートストーリー

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

※登場人物・地名などの名称は架空のものです。
 実際のものとの関係はありません。

航空整備士が行う作業としては、まず、運航整備がある。これは、フライト前に必ず行う航空機の点検作業で、国家資格を持った航空整備士が最終的にOKを出さない限り、飛行機は運航することができない。
航空整備士が行う作業としては、まず、運航整備がある。これは、フライト前に必ず行う航空機の点検作業で、国家資格を持った航空整備士が最終的にOKを出さない限り、飛行機は運航することができない。
航空整備士の仕事は、各航空会社が設けているチェックリストを基に、機体を構成する膨大な数の部品が正常に機能するかどうかを点検、保守するという重い責任を伴うものだ。
航空整備士の仕事は、各航空会社が設けているチェックリストを基に、機体を構成する膨大な数の部品が正常に機能するかどうかを点検、保守するという重い責任を伴うものだ。
強い責任感を持ち、正確な技術と機体に対する深い知識を持ち、細心の注意を払って業務に当たれる人に適している。
強い責任感を持ち、正確な技術と機体に対する深い知識を持ち、細心の注意を払って業務に当たれる人に適している。
国家試験受験にはいずれも整備経験が必要なので、大学の工学系の学部や短大、高専、専門学校などを卒業後、航空会社や航空整備会社に就職し、一定の整備経験を積んでから受験するのが一般的だ。
国家試験受験にはいずれも整備経験が必要なので、大学の工学系の学部や短大、高専、専門学校などを卒業後、航空会社や航空整備会社に就職し、一定の整備経験を積んでから受験するのが一般的だ。

きみの好きなこと、得意なことから、活躍したい場所がきっと見つかるはず。
気になる職業を、もっと知ってみよう!