問題文の読み方(現代文)
文章の構造を視覚化してみよう。
DATA
国語の得意な人 vs 苦手な人
現代文の問題文の読み方
はこんなに違う!
本文の全体像をつかむようにする >>
得意:
65.7%
苦手:
46.8%
20%近くの差!
得意グループでは苦手グループに比べ、自分なりに読み方を工夫している人の割合が高いのに対し、苦手グループではいい加減に読み流している人が目立つ。


「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート1年生第2回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学習レベルで表したものです。
「読み方のコツ」さえ習得すれば、現代文は簡単に攻略できる。

 評論文には「論理展開のパターン」というものがある。評論文が苦手だという声をよく聞くが、この論理展開のパターンを押さえる「読み方のコツ」さえ身につけられれば、攻略できる。また、小説の場合も同じように読み方のコツがあって、登場人物の感情の動きや情景描写に注目することで、バッチリ攻略可能だ。そこで、このページで評論文・小説それぞれの読み方のコツを伝授する。まずは各ステップにじっくり目を通し、「読み方のコツ」を頭にたたき込んでほしい。そして、それを実際にワークで実践して確実に習得。現代文の苦手意識をなくしてしまおう。
Page Top