自宅での学習時間
毎日1時間以上、数学の自宅学習が必要。
DATA
数学の得意な人 vs 苦手な人
授業がある日の自宅学習時間
はこんなに違う!
1時間以上 >>
得意:
47.8%
苦手:
16.7%
3倍!
得意グループでは40%以上の人が平日に1時間以上の自宅学習時間を確保しているのに対し、苦手グループではほとんどしない人が大多数を占めている。
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート1年生第2回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学習レベルで表したものです。
授業をしっかり理解するために、まとまった時間を確保する。

 中学校では、授業時間内さえしっかり集中していれば授業についていくのにそれほど苦労しなかったかもしれない。しかし、覚えるべきことの質や量がレベルアップした高校の学習内容をカンペキに理解するためには、授業だけでは不十分。
 そこで重要になるのが自宅学習だ。最低でも宿題には自分の力で取り組んで、その日の授業を理解できたか、しっかり確認しておきたい。数学は、問題を解くためにじっくり考えることが必要となる。そのために、1時間くらいはまとまった時間を確保しよう。
check box!
自宅学習の掟

宿題には必ず自分の力で取り組むべし
復習に積極的に取り組むべし
解けない問題にも教科書・授業ノートを参考にして、粘り強く取り組むべし
先生・友達に質問できるように、わからないことを明らかにしておくべし

先輩たちのアドバイス
朝型人間の僕は、勉強ももちろん朝型
 朝型人間の僕。毎日かっきり5時に目が覚めてしまいます。そこで学校へ行くまでの間を勉強時間にあてることにしました。朝学習でウォーミングアップできているせいか、授業での理解力も高まったような気がします。
(兵庫/K・M先輩)
思考を乱す雑音カット! 耳せん活用学習法
 せっかく勉強する気になったのに、テレビの音や周囲の雑音などで気が散ってしまう。そんな悩みは耳せんが解決。余計な音をシャットアウトして問題に集中。しっかり考えることができますよ。
(島根/K・T先輩)
Page Top