自宅での学習時間
最低でも30分。予習時間の確保が成績アップにつながる!
DATA
国語の得意な人 vs 苦手な人
平日の自宅学習時間は
はこんなに違う!
30分以上 >>
得意:
47.7%
苦手:
28.7%
20%近くの差!
平日、少なくとも30分は自宅で国語を勉強するという人の割合を比較すると、苦手ゾーンと得意ゾーンでは20%近くの差がついている!
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート1年生第2回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学力レベルで表したものです。
 

 得意ゾーンの人でさえ、入学当初は自宅で国語の勉強をほとんどしていないというデータもある。ただし、それがずっと通用するほど高校の授業は甘くない。30分以上勉強する人の割合が得意ゾーンと苦手ゾーンで大きく違っていることが、それを裏付けているぞ。
 質・量ともに中学より大幅にレベルアップした高校の授業を理解するには、絶対に予習が欠かせない。現代文は教科書の本文に一通り目を通し、わからないところを洗い出す、古典は本文をノートに写し、最低でもわからない単語の意味は調べておく、このひと手間をかけるだけで、集中すべきポイントがハッキリして授業の理解がグッと深まるぞ。
先輩たちのアドバイス
予習をしっかりやって、授業で「復習」する。
  部活動で忙しく、家で予習と復習の両方をする余裕がなかった僕は、予習に重点を置いて勉強をしていた。そうすると授業がよく理解できて、授業があたかも復習のようになっていたよ。
(兵庫/M・I先輩)
空き時間を利用して古語を約300語覚えた!
  私は通学時間や休み時間などちょっとした空き時間に、自作の古語ノートを繰り返し眺めていました。そうして覚えた古語は、1年間で約300語! 空き時間ってバカにできないでしょ?
(東京/M・A先輩)
Page Top