復習&宿題への取り組み方
宿題を必ずやっておけば、その日の授業内容をしっかり定着させられる!
DATA
国語の得意な人 vs 苦手な人
復習・宿題の取り組み
はこんなに違う!
復習と宿題のどちらか、もしくは両方行う >>
得意:
92.8%
苦手:
74.8%
20%近くの差!
宿題か復習どちらかはやる人が、得意グループではほとんどを占めている。
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート1年生第2回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学力レベルで表したものです。
 

 授業内容を理解したはずなのに、テスト結果が思ったよりよくなかった、なんて経験はないだろうか。その理由として、授業直後にはちゃんと理解できていても、そのまま放っておいたためにその内容がしっかり定着していないことが考えられる。復習にはそれを防ぐ効果があるし、たとえ理解にモレがあっても補うことができるんだ。どう復習すればいいのかわからなければ、最低限出された宿題はやっておくこと。宿題には、その日の授業で必ず理解しておくべきポイントが含まれているから、これを完全にこなせば、授業内容をしっかりおさらいできるぞ。
 
check box!
復習の掟

step 1  
古典の現代語訳で間違っていた場所は修正しておく。
step 2  
先生の口頭による説明をメモしておき、不足分を補う。
step 3  
予習でわからなかったところは必ず確認しておく。
step 4  
先生がした質問とその答えをまとめておく。

先輩たちのアドバイス
予習での誤りを重点的に復習。
 僕は、授業の前日には必ず予習をしておき、授業を受けて自分が間違えていた部分がハッキリしたら、その部分を重点的に復習していた。おかげで自分の弱点を着実につぶしていけたよ。
(神奈川/T・E先輩)
授業が終わった直後の休み時間に復習。
 私は部活動で忙しく、授業当日、帰宅してから復習する余裕がありませんでした。そこで、授業中にわからなかったことは直後の休み時間に先生に質問し、解決していました。疑問点を解決することで復習に近い効果が得られましたよ。
(兵庫/K・M先輩)
Page Top