復習&宿題への取り組み方
完璧(かんぺき)に解けなくてもかまわない。とにかく宿題に挑戦してみよう。
DATA
数学の得意な人 vs 苦手な人
復習&宿題への取り組み方
はこんなに違う!
復習と宿題のどちらか、もしくは両方行う >>
得意:
94.2%
苦手:
70.6%
20%以上の差!
宿題か復習どちらかはやる人が、得意グループではほとんどを占めている。
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート1年生第2回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学力レベルで表したものです。
 

 宿題は授業の内容をもう一度確認して、定着させるチャンス。どんなに忙しくても、最低限授業のあった日には宿題に取り組もう。簡単に解けない問題があってもじっくり考え、できるだけ自力で解くことが実力アップのコツだ。データでは、得意ゾーンで復習・宿題をきっちりする人が半数近くもいる。また、入学時から高1中盤までに復習・宿題をきっちりする人が増加するというデータもある。これはつまり、「高校生としての学習スタイル」が定着しつつある証拠。もしきみが宿題や復習を怠けがちなら、早く改善しないと、みんなに取り残されてしまうぞ!
check box!
復習&宿題の掟

step 1  
宿題はすべて取り組む。
step 2  
授業ノート・教科書をフル活用する。
step 3  
授業で扱わなかった問題にも挑戦する。
step 4  
疑問点は必ず解決する。
step 5  
解けなかった問題は、解けるまでやる。
Page Top