自宅での自主学習
自分に合ったマイペースの学習法で実力をさらに伸ばそう!
DATA
数学の得意な人 vs 苦手な人
自主学習への取り組み
はこんなに違う!
宿題・予習・復習と自主学習 >>
得意:
10.5%
苦手:
1.4%
7倍以上!
得意グループでは、宿題・予習・復習といった学校の勉強に加えて自主学習している。これは苦手グループの約7倍以上だ!
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート1年生第2回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学力レベルで表したものです。
 

 もしきみが数学の力を今以上に伸ばしたいと考えているなら、授業の復習や宿題以外に自主学習することをオススメしたい。何をするかはきみ次第。下のアドバイスを参考にしながら、自分のやり方をみつけよう。数学が苦手な人は、教科書を最初から勉強し直してもいいし、特に苦手な分野だけを集中強化するのもいいだろう。逆に得意な人は、どんどん難問にチャレンジしてみよう!
 データでは苦手ゾーンでは大半が自主学習していないのがわかる。自分なりのテーマをもって学習することが成績アップにつながるとも取れるこのデータ、きみはどう見る?
先輩たちのアドバイス
マイペースで自主学習。
 私は授業ノートとは別に問題演習用のノートを作っていました。そのノートに問題集の問題を自分のペースであせらずに解いていました。どこまで確実に理解できているかが把握でき、テストのときに重点的に学習する部分がよくわかりました。
(鳥取/M・K先輩)
解法パターンノートを作って覚える。
 どんな解法パターンの問題が出ても即座に対応できるよう、『解法事典』を作りました。初めて出会ったパターンの問題をコピーしてノートにはり、その下に解法を書くようにします。これを繰り返し見るようにすれば頭によく入ります。
(山口/C・E先輩)
Page Top