授業の受け方
高校の英語の授業は予習していることを前提に進められている!
DATA
英語の得意な人 vs 苦手な人
授業への取り組み方
はこんなに違う!
予習したことを授業で確認する >>
得意:
21.4%
苦手:
5.1%
4倍以上!
得意ゾーンでは、予習内容を確認するスタンスで授業に臨んでいる人が多く、苦手ゾーンの4倍以上もいる!
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート1年生第2回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学力レベルで表したものです。
 

 高校の英語の授業は、中学よりハイスピードで内容もグッと高度になっている。だから今まで授業を受けてきて、予習をしなければついていけないと、きみも十分感じているはずだ。なにより、先生はみんなが予習してきているのを前提に授業を進めているから、英語の予習は高校学習の常識だと言っていい。
 データからも、得意ゾーンにいる人は予習時に洗い出した疑問点を授業時に確認するという学習スタイルをとっているのがわかる。授業中、内容がチンプンカンプンなのは自分だけ、なんてことにならないように、とにかく予習してから授業に臨むようにしよう。
check box!
英語学習の掟

下の高校学習「黄金のサイクル」に従って英語学習を進めよう。

step 1 予習
(1)英文全体を読み通す。
(2)知らない単語や熟語を辞書で調べる。
(3)文の流れを理解し、ノートにまとめる。
(4)本文を2回音読する。
(5)疑問点を整理しておく。
step 2 授業
(1)先生の説明や質問から、予習時の疑問を解決する。
(2)その他、新たに気づいたポイントをチェックする。
step 3 復習
(1)授業で新たに気づいたポイントを整理する。
(2)単語や熟語、例文などを覚える。

先輩たちのアドバイス
予習で授業が見違えるほどわかる。
 高1の夏休みになまけたせいで、秋以降は授業中に当てられても満足に訳せず恥をかく始末。そこで僕は、必ず予習をやることにした。ノートに辞書で調べた単語の発音と意味、それに例文を写し、本文で意味のわからない所を書き出して訳してみる。これで、授業中の先生の説明が見違えるほどよくわかるようになった。
(神奈川/M・S先輩)
2冊のノートをフル活用。
 私の英語ノートは新出単語の発音・アクセント、品詞、意味を調べて書き込む単語ノートと、左ページに教科書のコピーをはり、右ペ-ジに訳を記入する和訳ノートの2冊。授業では訳をチェックしながら赤ペンで訂正するとともに、先生の説明の要点もメモ。これをテスト前に見て覚えれば、必ず90点以上が取れた。
(千葉/N・T先輩)
Page Top