読書術
ふだんから習慣になれば読書は得点力になる!
DATA
国語の得意な人 vs 苦手な人
日ごろの読書習慣
はこんなに違う!
本も新聞もよく読む >>
得意:
17.2%
苦手:
7.6%
2倍以上!
得意グループでは苦手グループに比べ、日ごろから活字に親しんでいる人の割合が2倍以上なのに対し、苦手グループでは文章を読む機会を積極的に持たない人が目立つ。
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート2年生第1回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学力レベルで表したものです。
読解力を鍛えるためにはやっぱり読書が一番。

 国語の授業で一番鍛えるべき力は読解力。ただ文章を読めるだけでなく、そこで書かれている内容や伝えたい意図を正確につかむ力をつけることこそ、国語の真の目的だ。さらに、この力は国語だけでなく、理系科目においても不可欠。例えば数学でいくら計算力があっても、問題文を読み、そこでどんな解答を求める必要があるのかを読み取る力がなければ問題は解けない。読解力を鍛えるにはやはり読書が一番。好きな分野に関することなら、ふだんあまり本を読まない人でも苦にならずにスラスラ読めるはず。まずは、興味のある分野探しから始めてみよう。新聞を読んで面白いと思ったテーマを追求してみるのもいいかもしれない。
check box!
得点力になる新聞の読み方

新聞で筆者の主張や論理を読み取ることにより、評論文読解の力をつけることができるぞ。

step 1 
タイトルだけにでもザッと目を通す
アドバイス まず、できるだけ多くのページに目を通そう。記事を全部読まなくてもタイトルを拾っていくだけでOK。これを毎日続ければ、最近よく報じられていることと、その流れがつかめる。
step 2 
興味のある分野を探す
アドバイス 次に、記事の中で興味のあるもの、もっと知りたいと思ったものから、自分なりのテーマを見つけだす。例えば、社説だけは毎日読むとか、環境、福祉、教育など自分の選んだテーマに関する記事に着目してみよう。
Page Top