定期テスト後の学習
テスト後に復習すれば、誤答も「正解」になる。
DATA
数学の得意な人 vs 苦手な人
定期テスト後の学習への取り組み方
はこんなに違う!
間違えた理由を確認したりして
理解している
>>
得意:
40.5%
苦手:
13.6%
3倍!
得意グループでは苦手グループに比べ、同じ間違いをしないようしっかり復習している人の割合が高いのに対し、苦手グループではテストを受けっ放しにしている人が目立つ。
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート2年生第1回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学力レベルで表したものです。
返却後の答案にはきみの弱点がクッキリ刻まれている。

 返却された答案をきみはどうしているだろう。まさか捨ててしまったりはしていないだろうか。終わったばかりの答案とは、きみの弱点の集大成。せっかくわかった弱点も、ほったらかしでは意味がない。
 間違った問題、減点された問題はぜひもう一度じっくり解き直してほしい。そして、自分がどこでつまずいたのか、なぜ間違ってしまったのかを冷静に分析しよう。その地道な努力が次の勝利につながるのだ。
 定期テストに限らず、テストは受けてしまえば終わりというものではない。現時点でのマイナスポイントを、いかにしてプラスに変えられるか。それには、テスト後こそが勝負なのだ。
check box!
テスト後

間違いの原因に合わせた対策をすることが、成績アップのヒケツ。

キミの定期テストの状態に当てはまるものをチェックして、該当するアドバイスを実行しよう。

問われている内容が理解できていない
アドバイス教科書で似ている問題を探し、何を問われているのか確認しよう。

公式を忘れてしまって解けないことが多い
アドバイス教科書で公式を確認し、例題を解いてその使い方を押さえよう。

時間が足りなくてすべて解答できない
アドバイス普段から、制限時間を決めて取り組む習慣をつけておこう。

計算間違いでよく点を落としている
アドバイス必ず、見直しの時間も含めた解答時間を設定しよう。
check box!
弱点克服のためのテスト復習法

step 1 
まずテスト用紙をノートに貼る
step 2 
模範解答と照らし合わせる
step 3 
どこで、どう間違えたのかを確認する
step 4 
正しい解答を赤ペンで記入する
step 5 
正しい解き方をしっかり理解する
step 6 
正解できるまで自力で解き直してみる
Page Top