古典の辞書活用法
辞書の上手な引き方を身につけよう!
DATA
国語の得意な人 vs 苦手な人
古典の辞書活用法
はこんなに違う!
1つだけでなく他の意味や使い方も確認する >>
得意:
55.9%
苦手:
9.6%
5倍以上!
得意グループでは苦手グループに比べ、辞書をひくときは説明の隅々にまで目を通す人の割合が圧倒的に高い。
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート2年生第2回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学力レベルで表したものです。
語句の意味を調べるだけが辞書活用ではない!

 きみは辞書をどのように活用しているだろうか?きっと多くの人は「ただわからない語句の意味を調べる」ためだけに辞書を引いているんじゃないだろうか。
 実は辞書には、語句の意味を調べるため以外にも様々な使い道がある。例えば、文法事項の学習や作品の背景を理解するなんて場合にも、辞書は大いに活用できるんだ。また、イラストがあったり、ちょっとしたコラムがあったりと、辞書には楽しい工夫があちこちに見られる。ただ、語句の意味を調べるためだけに、ちょっと開いて終わりなんてもったいない。もっともっと有効に辞書を活用するようにしよう。

check box!
辞書でできるこんな学習

step 1  
辞書で文法学習
 辞書には、語句の意味とともに文法事項も載っている。動詞や形容詞、助動詞などの活用語を引いたら、ついでにその活用や識別のしかた、実際の文中でどのように使われるかなども覚えていこう。いくつかある意味で、どんな場合に何を使うのか、しっかり押さえるようにしよう。
step 2  
辞書で作品の理解。
 辞書には、作品の紹介も載っている。教科書に載っているような有名な作品はたいてい辞書に載っているから、新しい作品の学習に入ったらその成立の背景や全体のあらすじなどを確認しておこう。こうすることで、登場人物の立場や心情がわかりやすくなり、読解の助けになるぞ。

Page Top