合格するノートの取り方
どんどん書き込んで、自分専用の参考書に。
DATA
国語の得意な人 vs 苦手な人
合格するノートの取り方
はこんなに違う!
板書と重要と思ったことをノートに取る >>
得意:
76.1%
苦手:
37.8%
2倍以上!
得意グループでは苦手グループに比べ、重要ポイントがわかるノート作りを心がけている人の割合が2倍以上であるのに対し、苦手グループではポイントのわからないノート作りにとどまっている人が目立つ。
「得意グループ」のデータは、2013年度スタディーサポート3年生第1回で学習到達ゾーンS1~S3の生徒、「苦手グループ」のデータは学習到達ゾーンD1~D3の生徒の平均回答率(αβ合算)です。
※学習到達ゾーンは、学習到達度をS1~D3までの15段階の学力レベルで表したものです。
開いたときにポイントが一目でわかるノートの取り方をしているか。

 定期テストや模試、そして入試を前に押さえておきたい重要事項を確認しようとしたとき、きみの授業ノートは開いてすぐ重要ポイントがわかるようにまとめられているだろうか。とにかく時間がない受験生にとって、要点を見つけるのに苦労するようなノートの取り方は、まるで自分の首を絞めるようなもの。ましてや、当然書かれているはずの重要事項がモレているノートなど言語道断だ。
 予習時にわからなかった単語や授業で先生が強調して説明された箇所など、注意が必要なポイントはしっかりノートに残しておく。さらに、それを目立つように色づけしたり、印をつけたりといった工夫をすることで、必ず覚えておくべき重要ポイントがわかるノートが完成するのだ。
check box!
ノートの取り方

現代文
先生の説明に耳を澄まし、板書以外にも重要だと思うポイントは必ずノートに書き込もう。また、クラスメイトの意見で気づいた自分とは別の視点・考え方などもメモしておくと参考になるぞ。
古文
予習時に教科書の原文を書き写して品詞分解し、訳を書いておこう。授業中に自分の解釈と先生の説明とを聞き比べ、赤ペンで添削していくと、間違えた部分=押さえ直しておくべき箇所が一目でわかる。
漢文
原文写し、書き下し、訳までを予習時にやっておき、授業では古文と同じように先生の説明を聞きながら添削。特に訓点や句法の説明、読むときの注意点やポイントは漏らさず書きとめておこう。

Page Top