×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

スタディーナビゲーター

学習行動

国語

ノートのとり方

初級編
  • ノートはとらず、教科書に授業内容を書き込んでいる
  • 板書をノートに写すことができる

ノートに書くのは
板書だけじゃないやってみよう

現代文:先生の説明も書き込む

板書を写すだけでは本当に役に立つノートは作れない。先生の話の中からも重要ポイントを探し出し、きっちりノートに書きとる習慣をつけよう。先生の説明が長めだったり、説明が繰り返されたりすれば重要ポイントのサイン。走り書きでもいいから必ずメモしておこう。そのうえで、復習の際に整理すれば国語力をアップできるぞ。

古文・漢文:本文の写しは予習時に

まず予習時に本文を書き写すなど、本文に情報を書き込める準備をしておくことが基本中の基本。それから古文なら品詞分解、漢文なら書き下しまで必ずしておこう。そのうえで、できる範囲でいいので現代語訳まで取り組んでおきたい。ここまでできていれば、授業では間違えていたところの修正と先生の指摘する重要事項を書き加えていくだけで、完璧なノートができあがる。