大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET
GTEC CBT

「GTEC CBT」受験のポイント

「GTEC CBT」のご案内

GTEC CBTは、「聞く」「読む」「話す」「書く」という英語の4技能が多角的に測定できる英語力テストです。
コンピュータを利用した公開会場で受験でき、大学入学後やその先でも求められる英語力を測定できる「新しい時代の英語力検定」です。

(1)「GTEC CBT」ってどんなテスト?

■特長
①4つの技能を測定できるスコア型の英語テストです
②日常生活~学習場面まで幅広い英語運用力を測定
③大学入試で活用できる
④全国47都道府県の公開会場で受験可能

■テスト概要

測定技能

問題数

試験時間

満点スコア

解答方法

Listening

約40問

約35分

350点

マウスクリック形式による選択

Reading

約40問

約55分

350点

マウスクリック形式による選択

Speaking

7問

約20分

350点

マイク付きイヤホンでの音声録音による解答

Writing

6問

約65分

350点

キーボードでのタイプ入力による解答

Total

約175分

1400点

■ コンピュータによる実施のため、試験時間は受験者によって異なります。
※試験開始〜終了までに休憩時間はありません。

(2)「GTEC CBT」を大学入試で活用しよう!

GTEC CBTのスコアは、筑波大、学習院大、立教大、立命館大、関西学院大、九州大など全国27校の有名な国立・私立大学で活用されています。

(3)「GTEC CBT」はどこで受験できるの?

※2014年4月時点での情報です。
※申し込み状況に応じて、変更になる場合があります。
※受験会場情報については、試験日約10日前にマイページ上の受験票にてお伝えします。お申し込み前のお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。

(4)サンプル問題で「GTEC CBT」の受験形式に慣れておこう!

※GTEC CBTのIDを取得すれば、本番さながらの出題形式でサンプル問題に取り組むことができます。


受験後のポイント

(1)スコアレポートの見方

GTEC CBTでは、スコアレポートを受験日から約4週間後にお届けしています。スコアレポートは受験者宛てに1通送付されます。

スコアレポートの見方

ピンチで拡大

(2)今後の英語学習における目標を設定しよう

GTEC CBTでは、現在の英語力をScoreおよびGradeでフィードバックします。Gradeと連動したcan-do statementsでは、現在の英語力で具体的にどのようなことができるかの目安がわかります。
現状の英語力把握や、目標設定時にご活用ください。

2016年度 検定日

検定日

2016年度
第1回検定日:7月17日(日)
第2回検定日:11月20日(日)
第3回検定日:3月26日(日)
※年度内2回まで受験可能です。

お申し込み

初めて受験する方