コンサルティング業務は、さまざまなキャリアのメンバーによって構成されるチームでプロジェクトを進めます。企業全体の変革が実現するまでにかかわるポジションを紹介します。

日本のリーディングカンパニーの変革が実現するまでを紹介します。

改革テーマの決定・構想策定

コンサルタント
プロジェクトマネージャー

変革の目的、目標を明確にし、あるべき姿を定義します。めざす姿を実現するために、仮説と検証を繰り返し、取り組むべきテーマを決定します。

  • あるべき姿の定義
  • 取り組むべき改革テーマ、支援テーマの決定

社内外からさまざまなデータや情報を収集後、分析し、問題点や課題点を洗い出します。問題解決に向けて仮説を立て、検証するサイクルを繰り返し、クライアントと議論を重ねて、改革テーマを決定します。

改革テーマの実現

コンサルタント
プロジェクトリーダー

描いたあるべき姿に向けて、豊富な実績や知見をもとに解決策を決定し、改革を実行します。

  • 新組織、新業務プロセスの設計、導入
  • 新ITシステムの設計、開発、導入

プロジェクトマネージャーが全体の指揮を執り、品質、スケジュール、コストなどの管理を行います。また、プロジェクトリーダーがそれぞれの領域に責任を持ち、設計、開発を推進していきます。

定着・運用

コンサルタント
プロジェクトメンバー

改革による成果を検証し、定着に向けて改善を図っていきます。

  • 導入後の効果測定、改善施策の検討、実行
  • クライアントのビジネス展開に合わせた継続的な改革

導入された新たな業務や仕組み、ITシステムによる効果の調査・検証を行い、クライアントと議論を重ね、次の打ち手を検討していきます。

企業全体の変革が実現するまで
  1. 改革テーマの決定・構想策定変革の目的、目標を明確にし、あるべき姿を定義します。目指す姿を実現するために、仮説と検証を繰り返し、取り組むべきテーマを決定します。
  2. 改革テーマの実現描いたあるべき姿に向けて、豊富な実績や知見をもとに解決策を決定し、改革を実行します。
    ・新組織、新業務プロセスの設計、導入
    ・新ITシステムの設計、開発、導入
  3. 定着・運用改革による成果を検証し、定着に向けて改善を図っていきます。
    ・導入後の効果測定、改善施策の検討、実行
    ・クライアントのビジネス展開に合わせた継続的な改革