山崎製パンが開発する新製品は、年間3,000アイテム以上。お客様のニーズを的確に把握した新製品の開発がカギになります。なかでも、ヤマザキのロングセラー製品である「ランチパック」は、年間約50種類の新製品を発売しています。今回は、「ランチパック 和梨ジャム&クリームチーズ風味(市川の梨のジャム使用)」ができるまでにかかわる各部署の仕事内容を紹介します。

「ランチパック」ができるまでを紹介します。

お客様に喜んでいただける製品を企画

松戸第一工場
営業課製品担当
笠原翔太さん

ランチパックは発売から33年を迎えるロングセラー製品で、毎年多くの新製品を発売しています。ランチパックにかかわらず、新製品は本社で企画するものと工場で企画するものがあります。

この製品は、工場で企画したもので、千葉県の市川市農業協同組合と協力し開発を進め、製品化できたものです。市川市は当社創業の地であり、梨生産者の「味は全く問題がないのに、見た目や形状が規格外のため、出荷できなくなってしまった梨を何か有効活用できないか」という声をきっかけに、平成23年以降、市川の梨を使った製品を秋の期間限定で発売しています。市川市の特産である梨を使って製品を作ることで、「市川の梨」のブランドをアピールするとともに、地域に貢献することができます。

今回の製品は、ジャムと合わせるクリームチーズにもこだわり、農業協同組合と工場の製造現場、それぞれの意見を聞きながら試作を重ねて、お客様に喜んでいただける製品を作るため、妥協することなく調整し製品を完成させました。

営業と生産が一体となった製品企画を進め、実現に向けて試作を重ねる

松戸第一工場
菓子パン課
品川優理菜さん

営業の新製品担当者と連携して、お客様に喜んでいただける新製品開発を行っています。なかでもランチパックの開発は、新しいおいしさと感動を届けることのできるやりがいある仕事だと感じています。ランチパックの食パンは、当社独自の製法で作ったキメの細かいもので、具材の水分やクリームが生地へ染み込むのを防ぎ、しっとりふわふわの食感をキープする特製の食パンです。

今回、味と香りを出しにくい梨を、どのようにアレンジすればパン生地との相性が良くなるか試作を重ねました。先輩方のアドバイスや、営業担当者の声を聞きながら、どうすればお客様においしいと思っていただけるかをイメージしながら製品を完成させていきます。自分が開発し、製造した製品が店頭に並び、その製品をお客様が手に取って購入する姿を見ると感動します。そして、次にまた新たな製品を開発したいという気持ちになります。

新製品の情報を量販店に届ける

松戸第一工場
営業課量販担当
今泉友里恵さん

新製品開発担当者から製品情報を確認し、販売店様に説明してお取扱いいただけるよう商談します。

今回は市川の梨のジャムを使った地産地消の製品であること、またジャムにすることが難しい梨をアレンジし、こだわって作り上げていることを、丁寧に店舗担当者に説明しました。商談の結果、梨の産地である市川市内の大型量販店で大々的に販売をいただくことができました。売れ行きを確認すると店舗の担当者から「地産地消の製品ということもあり、売れ行き好調でした」とのお言葉もいただくことができました。今までの苦労が成果になり、やりがいを感じることができた瞬間でした。

お客様に安全・安心な製品を届ける

松戸第一工場
食品衛生管理センター
髙橋俊さん

私たちは、お客様に安全・安心な製品をお届けするため、日々製品の品質を確認しています。新製品を発売する際の申請にも携っています。製品の原材料表示を確認するのですが、間違うことのできない重要な仕事なので、緊張感を持って進めなければなりません。お客様に喜んでいただける安全・安心な製品を作るために、全力で取り組んでいます。

「ランチパック 和梨ジャム&クリームチーズ風味(市川の梨のジャム使用)」ができるまでを紹介します。
  1. お客様に喜んでいただける製品を企画する新製品は本社で企画するものと工場で企画するものがあります。今回は工場で企画したもので、千葉県の市川市農業協同組合と協力し製品化を進めました。
  2. 営業と生産が一体となった製品企画を進め、実現に向けて試作を重ねる営業の新製品担当者と連携して、お客様に喜んでいただける新製品開発を行っています。今回、味と香りを出しにくい梨を、どのようにアレンジすればパン生地との相性が良くなるか試作を重ねました。
  3. 新製品の情報を量販店に届ける新製品開発担当者から製品情報を確認し、販売店様に説明してお取扱いいただけるよう商談します。今回は市川の梨のジャムを使った地産地消の製品であることなどを店舗担当者に説明しました。商談の結果、梨の産地である市川市内の大型量販店で大々的に販売をいただくことができました。
  4. お客様に安全・安心な製品を届けるお客様に安全・安心な製品を届けるため、日々製品の品質を確認しています。また、新製品を発売する際の申請にも携っています。製品の原材料表示を確認するのですが、間違うことのできない重要な仕事なので、緊張感を持って進めています。