マナビジョンキャリアトップ業界・企業スマホで始めよう!「業界研究」のポイント

スマホで始めよう!「業界研究」のポイント

  • 業界・企業
  • 2017.12.18

前回は、「スマホでできる会社研究」について、大学で数多くの就活やキャリア講座を受け持つ白橋弘安先生にお話を伺った。今回のテーマは、多くの学生が悩む「業界研究」についてだ。

大事なのは、「自分が社会で何をしたいのか」

前回は、スマホで簡単にできる「会社研究」の方法について詳しくお話を伺いました。
会社選びにあたって、そもそもどの業界に行きたいのか迷う、という声を多く聞きます。

白橋先生:会社選択の第一歩は業界研究から始まります。まずは自己分析にもとづいて、自分が社会に出て何をしたいのかをよく考えてみてください。それを実現できる業界はどこか、そしてその中にはどの会社があるのか、どんな職種があるのか、順番に考えてみましょう。

白橋先生はセミナーで多くの大学生を指導されていますが、学生の「業界研究」の進め方について何かアドバイスはありますか?

白橋先生:就活生の中には、早い段階から特定の業界に絞り込んでしまう方がいますが、もったいないと思います。絞り込むということは自ら選択を狭めることになります。また、内定を出すのは会社側ですから、最悪のことも考え複数の業界を研究しておくことがリスク分散になると思います。

また、例えば「自動車」に興味があるとすると、最終製品だけを考えずに、自動車をパーツに分解していくと良いでしょう。そうすると、タイヤ、ウィンドウ、シート、さらにはエンジンルームも多数の部品から構成されていることに気づきます。これらのパーツを作るための素材までさかのぼると、いかに多くの業界がかかわっているかわかります。ひとつの最終製品をテーマに、研究する業界を広げていくのもひとつの方法だと思います。

始めてみよう! 業界研究

ステップ①

自己分析に基づき自分が社会に出てやりたいことを実現するためには、どの「業界」を選択する必要があるのかを知る必要があります。会社選択の第一歩は業界研究から始まります。

代表的な情報源
  • 東洋経済新報社『業界地図』
  • 日本経済新聞社『業界地図』
手順
  1. 業界地図をざっと読み「興味がわいた」「気になった」業界を抽出してください。
  2. 業界のキーワードを確認
    キーワードとは、これから業界に大きな影響を与える、社会や経済の変化、技術革新などに関わる単語。業界の将来を考えるにあたって重要だと考えてください。
  3. 業界に属する会社名と各々の特徴などをあわせて解説しているので、それを確認してください。

ステップ②

ある程度業界の絞り込みが終わったら業界研究の深堀りです。

代表的な情報源
  • 朝日・日経・読売などの新聞
  • 東洋経済などの雑誌
  • 業界団体のウェブサイト
手順
  1. 新聞・雑誌のウェブサイトでキーワード検索すると、ヒットした記事が時系列に新しいものから表示されます。
  2. 業界団体サイトには業界統計、最近の話題などが紹介されます。
  • 業界地図・新聞・雑誌については大学のキャリアセンターなどに置いてあります。また、キャリアセンターではウェブサイトも無料で利用できる場合が多いようですので活用してください。

大事なのは、まずは「自分が何をやってみたいか」を考えてみること。
世の中にはどんな業界があるのか、どんなことに自分は興味があるのか、まずは身近なスマホや書籍を使いながら、少しずつ探していこう!

気になる業界が見つかったら、次は会社研究に挑戦!大学生向けのダイレクトリクルーティングサービス「dodaキャンパス」では、会員限定で白橋先生の特別レッスンを無料公開中。大学生ゲストと一緒に「スマホで会社研究」に挑戦しながら、会社情報を読み解いていこう。就活で利用できる会社評価シートもダウンロードできるので、ぜひ活用を。

講座紹介

白橋先生の動画で学ぶ
スマホで始めよう! 会社研究レッスン

「dodaキャンパス」に会員登録すると、無料で受講できます。

dodaキャンパス

ページの先頭へ