マナビジョンキャリアトップ大学生活入社3年目までの先輩が語る!大学時代にやっておけばよかった10のこと(後編)

入社3年目までの先輩が語る!大学時代にやっておけばよかった10のこと(後編)

  • 大学生活
  • 2017.04.03

前編に続いて、若手社員が語る、大学時代にやっておけばよかったことを紹介する。先輩たちのアンケートを見ていると、勉強以外にも後悔していることがたくさんあるようだ。社会に出てから、どんな活動がどう役立つのか、チェックしよう!


⑥交友関係を広げる

先輩の体験記
  • サークルに参加したり、他大学の学生と交流したりして、交友関係を広げるべきでした。人と接するのが苦手で、避けてばかりいましたが、学生時代にしかできないのだから、勇気を出せばよかったです。大学を卒業してからも会えるような友達が欲しかったです。

    (IT業界/システムエンジニア)

  • ほかの学部や大学の人と交流できるコミュニティに入っておけばよかったです。学生時代は視野を広げることが大切ですし、仮に仕事に生きないとしても、いい経験になると思います。私の仕事の場合、生徒との話の種も増やせたでしょう。

    (教育業界/高校教諭)

社会人になってから、「友達が少ない」「友達が減ったと感じる」と答えた先輩がたくさんいた。大学時代の恵まれた出会いのチャンスを生かそう!

⑦アルバイト

先輩の体験記
  • 社会に出て多くの人と接するうちに、人と交渉する力やコミュニケーション能力が不足していると感じるようになりました。お金に困っていなくても、アルバイトを通して社会的な経験を積んでおけばよかったです。

    (化学工業関係/化学系研究・技術者)

  • 接客のアルバイトをしておくべきでした。明るく大きな声や、自然な笑顔など、患者さんと接するうえで必要な態度を身につけられたと思います。

    (医療関連/理学療法士)

単にお金を稼ぐだけではなく、社会勉強・社会経験としてのアルバイトは、思っている以上に役立つようだ。

⑧遊び・趣味

先輩の体験記
  • 就職すると、思うように遊ぶ時間を取れません。入社前は「休みの日はたっぷり遊ぶぞ!」なんて考えていたのですが、いざ仕事が始まったら、土日はただ体を休める日になってしまいました…。

    (専門商社/法人営業)

  • 一生続けられる趣味を見つけておくべきでした。趣味は気分転換になりますし、人生を豊かにしてくれます。それに、新しい友達や仲間に出会うきっかけにもなります。大学時代に何か一つ、熱中できるものをつくっておけばよかったです。

    (医療関連/医師)

勉強や研究もいいけれど、悔いが残らないくらい遊んでおくことも大切だ。

⑨サークル

先輩の体験記
  • もっとサークル活動に力を入れておけばよかったです。時間が空いたときに取り組める趣味を見つけられたかもしれません。また、就職活動では大学時代に打ち込んだことについて聞かれます。自信を持って答えられるような活動をしておくべきでした。

    (地方公務員)

  • サークル活動に熱中したかったです。イベントサークルに入って何か企画を立ち上げたり、好きだったサッカーを続けてみたり、社会人になってからはやりにくいことを楽しんでおくべきでした。

    (保育士)

好きなことに打ち込めて、友達もつくりやすいサークル活動。いくつか掛け持ちして、自分に合ったサークルを見つけるといいだろう。

⑩ボランティア

先輩の体験記
  • サークル活動はしていましたが、ボランティア活動はあまりしていませんでした。時間のある大学生のうちに、さまざまなボランティア活動に参加して、もっと視野を広げればよかったと思います。

    (IT業界/プログラマー)

  • 今はお金を稼ぐために働いていますが、お金のことを考えずに、純粋にだれかのためになるような活動をしてみたかったです。

    (旅行会社/ツアープランナー)

大学にボランティア関係のサークルや窓口があるなら、一度足を運んでみよう。キミに合ったプログラムが見つかるかも。

番外編

先輩の体験記
  • ①恋愛

    恋愛です。社会に出ると、異性と出会う機会が減ってしまいます。また、恋愛経験のある人の方が、異性を相手にどう振る舞えばいいか、仕事をするうえでも一枚上手だなと感じます。

    (広告・メディア関連/一般事務)

  • ②虫歯の治療

    虫歯の治療をしておくべきでした。金銭的な理由で通院しませんでしたが、社会人になると急な仕事の対応などで、予約をキャンセルしなければならないことがあります。学生の頃からちゃんと治療していれば、ここまでひどくなりませんでした…。

    (運輸・物流関連/郵便配達)

  • ③インターンシップ

    インターンシップや職場体験を通して、いろいろな業界を知っておけばよかったです。社会人と異なり、多少失敗しても責任は問われませんので、チャレンジしてたくさんのことを学ぶチャンスだったと思います。

    (医療関連/法人営業)

勉強はとても大切だけど、それ以外の活動も社会に出てから生きるようだ。時間のある大学時代だからこそ、やるつもりがなかったことでも、どんどんチャレンジしてみよう!

ページの先頭へ