マナビジョンキャリアトップ大学生活就活に失敗した先輩が語る!大学時代にやっておけばよかったこと7選

就活に失敗した先輩が語る!大学時代にやっておけばよかったこと7選

  • 大学生活
  • 2017.05.01

今回は就職活動に失敗してしまった先輩が「やっておけばよかったなあ…」と後悔していることを紹介。なるべく早めに対策したい内容が多いので、まだ就職活動をしていない人も他人事だと思わずにチェックしよう!


①長所を磨いておくべきだった

先輩の体験記

  • 何にでも積極的に挑戦し、自分の長所を磨いておくべきでした。エントリーや面接の際に長所をアピールしたかったのですが、苦手なことや短所しか思い浮かばず、うまくアピールできませんでした。

    (T大学/文学部)

就職活動の際に必ず聞かれるのが長所。自信を持って答えられるよう、今から長所を伸ばすべし!

②留学すべきだった

先輩の体験記

  • 就職活動を通して、やっぱり英語力は必要だと感じました。私は入社後に英語を学び直さなければならなくなったので、こんなことなら時間のある学生のうちに、長期留学をしておけばよかったです。

    (W大学/商学部)

行くまでは大変でも、いざ行けば価値観が変わったり、コミュニケーション能力や語学力が上がったり、大きなメリットがある留学。就職活動でアピールできること間違いなしなので、キミも思いきって飛び立ってみては?

③自己分析・企業分析に力を入れるべきだった

先輩の体験記

  • 自分がその職業に向いているかどうかもわからないまま、なんとなく興味がある企業の採用選考を受けていました。志望理由が浅く、企業の求める人物像に私がたまたま合うこともなく、あまりいい結果を得られず…。もっと自己分析・企業分析をしっかり行っておくべきでした。

    (Y大学/理学部)

志望理由は最も深く掘り下げられるところ。自分と企業について、あいまいな理解のままでは選考を突破できないぞ。

④就きたい職業についてもっと早くから考えておくべきだった

先輩の体験記

  • 就職活動が始まる1年ほど前から、就きたい職業についてよく考えておくべきでした。私は就職活動の時期が近づくまで、就職について真剣に考えたことがなかったので、十分に企業を選べないまま選考に乗り出してしまいました。

    (K大学/文学部)

自分のやりたいことを掘り下げながら、職業や企業について調べるのは、意外と時間がかかる。就職活動が始まってから出遅れてしまわないように、目標を絞り込んでおこう。

⑤英語の勉強に力を入れるべきだった

先輩の体験記

  • せっかく大学入試で英語の勉強をがんばったのだから、そのまま英語の資格試験の勉強も続けておけばよかったです。いざ就職活動が近づいてから検定試験を受けたのですが、受験生時代に比べてずっと英語力が落ちており、ガッカリしました。

    (M大学/商学部)

同じ後悔をしている先輩がとても多かった。大学入試のために高めた英語力は、伊達ではないはず!すぐに勉強を再開しよう!

⑥資格を取るべきだった

先輩の体験記

  • 履歴書に資格を記入するには、3年次の11月頃までに取得していないと間に合いません。私はいつか取ろうと思うばかりで、そのまま就職活動を迎えてしまいました。慌てて勉強を始めましたが、試験すら受けていないわけですから、当然アピールできませんでした。

    (N大学/法学部)

夏と冬のインターンシップ選考をめざすなら、たしかに3年次までが勝負どころ。資格ですべてが決まるわけではないが、取りたい資格があるなら計画的に勉強すべき!

⑦インターンシップやOB・OG訪問をするべきだった

先輩の体験記

  • 就職活動前の私は、大学院に行こうか迷っていたり、社会人として働くイメージが持てなかったりして、就職活動へのやる気が全くない状態でした。そのままダラダラと就職活動に向かうのではなく、OB・OG訪問やインターンシップを通して、働くとはどういうことかを学んでおくべきでした。そうすればもっと前向きに就職活動に向かえたと思います。

    (K大学)

社会をリアルに知ることができるOB・OG訪問やインターンシップは、いい刺激になる。どちらも1年次から取り組めるので、尻込みしないで参加するのがオススメ!

番外編

続いて、一見就職活動に関係ないように思えるが、実は関係あるものをピックアップ!

先輩の体験記

  • ①単位を早めに取っておくべきだった

    就職活動は平日に行うことが多いです。大学の講義に出られなくなってしまうので、早いうちに取れるだけ単位を取っておくべきでした。

    (R大学/経営学部)

  • ②お金を貯めておくべきだった

    就職活動は思っていたよりお金がかかるものでした。1年次から積極的にアルバイトをして、お金を貯めておくべきでした。

    (T大学/農学部)

  • ③運転の練習をしておくべきだった

    自動車免許を取得したのですが、運転の機会がなく、ペーパードライバー状態です。車通勤になったり、営業車を運転したりするかもしれないと考えると非常に不安です。

    (K大学/教育学部)

「スキルアップを図るべきだった」「就職活動について早めに調べるべきだった」という先輩たちの後悔の大合唱は届いただろうか。自分らしい職業・企業に就職するためには、今できることに、どんどん挑戦するしかない!

ページの先頭へ