マナビジョンキャリアトップ大学生活みうらじゅんさんに聞いた!5月病の乗り越え方~(1)一人暮らし編~

みうらじゅんさんに聞いた!
5月病の乗り越え方
~(1)一人暮らし編~

  • 大学生活
  • 2017.05.08

大学生活が始まって1か月が経ち、新しい暮らしに慣れてくるはずのこの時期。
でも、なんだか気分が乗らない。すぐに無気力になってしまう――。
これは、いわゆる「5月病」かも。今回は、「マイブーム」や、「ゆるキャラ」などを命名したことでも有名な「みうらじゅん」さんに、大学1年生のリアルな悩みに答えていただきました!お悩み相談のプロでもあるみうらさんのアドバイスを、3週にわたってお届けします!まずは、一人暮らしにまつわるお悩みから。


今回の悩み:一人暮らしが寂しい! 慣れない!

一人暮らしを始めました。実家では両親と妹と騒がしく過ごしていたのですが、今は話し相手がいないので正直寂しくてたまりません。アパートの隣に住む人は大音量で音楽を流すし、ゴキブリは出るし、なかなか一人暮らしに慣れません。部屋も全然片づきません。

みうらじゅん:大学生のうちは部屋が散らかりっぱなしでもいいじゃないですか。それこそ結婚したら、奥さんや旦那さんから「部屋を片づけろ」って怒られるのが関の山。一人暮らしを今、十分に満喫してよ。ゴキブリとのつき合いもいつか、懐かしく語れる日が来るから。

この相談者さんはもしかしたら、一人暮らしに過剰な期待を抱いていたのかもしれないですね。上京して一人暮らしを始めたからって、今まで掃除が苦手だったのに急にできるようになるわけないし、インテリア雑誌に出てるようなオシャレな部屋に住んでない限り、それは無理ってもんです。

隣の住人がうるさい、ってことだけど、自分も大音量で音楽流しちゃえば(笑)。実家は一軒家だったのかな? 静かに暮らさなきゃいけないという状況を不便に思うかもしれないけど、そんななかでどうやって快適に生活していくかを工夫するのも社会勉強のうちだからね。隣の人の生活音を聞き分けて、忍者のように行動するのもいいかも。隣人に不満を抱くだけじゃなくて、与えられた環境のなかで自分がいかに快適に過ごせるかを考えたほうが楽しいと思います。

忙しくなりたきゃ大学に行こう!

みうらじゅん:家族のもとを離れて寂しいんだったら、忙しい毎日を送るようにすべきですね。暇だとろくなこと考えないからさ。
どうしたら忙しくなれるかというと、そりゃもう大学で友達とバカなことやるのが一番でしょ。

とりあえず、今年の学園祭で屋台を出すことを目標にしてみてはどうかな。
学園祭って、はっきり言ってしょうもないイベントでしょ。はっぴ着て呼び込みしたり、たこ焼きなんか焼いたりしてる自分を冷静に見ると「なんでこんなことやってるんだ」って思うかもしれないけど、そこがいいんです。クラブやサークルに所属するか、学園祭実行委員になって積極的に盛り上げると忙しくていいんじゃないかな。

僕自身は、大学4年間ずっと学園祭に屋台を出店していました。屋台を出すためにはクラブやサークルに入っている必要があったけど、どこにも所属してなかったから、学園祭のためだけにクラブをつくることを考えた。 そして「ネコ部」「ウシ部」「チャボ部」の3つの部活名を適当につくって申請したら、なぜか「ネコ部」だけ許可が下りた。今でもその「ネコ部」はあるって聞くよ(笑)。
学園祭ではテキトーな具材を入れた「たこ焼きサーティワン」ってのを出店してね。ほんとしょうもないんだけど、楽しかったなあ。

変に冷静になっちゃってバカになりきれない人は、「大学生プレイ」だと思うといい。「キャンパスライフを謳歌している大学生」を演じてみる。大学という組織に一応乗っかってみるべきですよ。どうしても嫌だったら辞めればいいんだから。相談者さんは今後、組織や他人に振り回されて、忙しくなるのが一番いいと思います。

大学は処世術を学ぶ場

みうらじゅん:「他人になんか振り回されたくない」って思うかもしれないけど、「自分らしさって何だよ?」と考えてみて。大学ではいろんな人とつき合ったほうが自分らしくなくておもしろい。

卒業後の社会に出て何が一番難しいかというと、人づき合いですから。上司に気に入られなければ出世できないでしょ(笑)。人づき合いがうまくできないと仕事もスムーズに進まないし。

だからこそ、大学では社会に出る前の予行練習だと思って、「人にいかに気に入られるか」を学んだほうがいいです。学園祭のためにクラブをつくった、っていう話をしたけど、それも学園祭実行委員のやつと友達になって「根回し」をしたからこそ出店の許可が下りたしね。

では、どうすれば相手に気に入られるかというと、それは、とことんその人に合わせることです。

僕は昔からずっとお酒が苦手で、飲み物といったらカルピスが一番好きなんだけど、大学の時にできた友達が酒豪だったから、いつもつき合って飲んで、しこたまゲロ吐いてました。
そこまでしなくていいけど、社会に出たら絶対に上司の気をひいたほうが有利だから、「自己主張しすぎないで相手に合わせる」という人づき合いの基本を学びましょうよ。

それから、大学時代にめちゃくちゃ嫌なやつとつき合っておくと、社会に出てからちょっと苦手な人に会っても「あいつよりはまし」と思えるからさ(笑)。

プロフィール

みうらじゅん
イラストレーターなど。1958年2月1日京都市生まれ。血液型AB型。1980年武蔵野美術大学在学中に漫画家デビュー。1997年「マイブーム」で新語・流行語大賞受賞。2005年日本映画批評家大賞功労賞受賞。近著に、『雑談藝』(文藝春秋/いとうせいこうと共著)。
関連書籍
雑談藝
出版社:文藝春秋
いとうせいこうと共著

ページの先頭へ