• 医療関係
  • 医療・看護系

医療関係
薬剤師 Mさん

社会人歴:3年目/男性

基本 DATA

出身大学 大阪薬科大学
薬学部
取得資格(大学時):薬剤師免許
留学経験:なし
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

医師の処方せんに従って薬を調剤する仕事で、主に薬品管理を担当しています。一つのミスが命につながることもあるため、とにかく正確に、一方で患者さんをお待たせしない迅速さも求められます。

非常に高価な薬なども扱っているので、薬品のストックが無駄にならないような発注のしかたを考えたり、必要な薬品がない場合は患者さんと相談して対応したりします。すべての作業は慎重に、患者さんのために行います。だから、患者さんから「病気が治った」「症状が改善した」と聞いたときや、相談されてうまく応えることができ、感謝されたときはとてもうれしいです。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • ストレス耐性

トラブルには冷静に対応しながらも、患者さんには心を切り替えて対応しないと、次々とミスを招いてしまいます。常に冷静沈着を心がけ、時に怒られるようなことがあっても、心の乱れを引きずらないようにしなければいけません。

また、お互いがそうできるように、同僚のミスもフォローしあう姿勢が必要。

  • 協働力

相手の気持ちを考え、ベストな対応を尽くさなければ、患者さんが薬を飲んでくれない可能性もあります。きちんと薬を飲んでいるかの確認など、個々の方の状況に気を配る必要があります。

また、医療費の削減も重要な課題なので、残薬(飲まれずに余っている処方薬)を持ってきてもらうお願いなど、患者さんにも医療業界にもメリットのある対策を考えていくことが大事です。

大学の学びで役立ったもの

法律や薬理学は、現場でも使えるので勉強しておいて良かったと思います。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の研究室

「考える」「追究する」ということそのものを学べました。パソコンの使い方も知ることができました。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    2~5
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
書き方について調べたりしました。
筆記試験
対策したこと
対策していません。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
自分自身について知る努力をしました。
インターン
対策したこと
対策していません。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職課の窓口に相談

最新の就職情報を持っているので、いろいろな相談ができました。

今の会社から内定をもらえた決め手

ローカルな会社で、もともとの人員不足など根本的な問題もあったと思うので具体的にはわかりませんが、常識的な会話ができることは最低限必要だったと思います。

高校時代に就きたかった職業

薬剤師をめざし、とりあえず理系の教科を中心に一生懸命勉強しました。ただ、学費が高いこともわかっていたので、高校卒業前からアルバイト先を調べ、内定をもらっていました。

薬剤師となった今でも、日々勉強しなければならない大変な仕事ですが、その方が私の性格にも合っているので、よかったと思います。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

自分に合いそうな仕事を見つけるのは意外と時間がかかるので、勉強と並行して、さまざまな仕事を調べておきましょう。先生や周囲に頼りすぎず、自分の考えを信じることも大切です。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

この仕事はとてもやりがいがありますが、思っていたより大変です。だから、高校時代のうちに自分の希望をしっかり吟味して、納得できるまで考えてから進むべき道だと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択