• その他
  • コンピューター系

その他
システムエンジニア Nさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 獨協大学
外国語学部 ドイツ語学科
取得資格(大学時):ITパスポート
留学経験:1週間~6か月までの短期留学に行ったことがある
部活・サークル:広告研究会
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

自動車部品メーカーのシステム部で、日々のネットワーク運用を監視したり、社内のヘルプデスク(システムや機器の利用に関する問い合わせへの対応)をしています。

メールやサーバーの保守管理なども行いますが、これは全社員の仕事に関わる影響範囲の大きい仕事なので、何度もテストを繰り返す必要があり、作業もかなり細かいです。「100%問題ない」と言いきれるまで、懸念点を一つひとつ確認しつぶしながら進めることを心がけています。

あるシステムが、自分の書いたコードによってうまく動いたとき、開発者としての実感とうれしさがあります。普段は地味な作業ですが、その分、自分の仕事によって大きな変化が生まれた時のやりがいも大きいです。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • ストレス耐性

小さなことに振り回されてしまうと、仕事の進みに影響が出ます。だから常日頃からストレスをためないよう上手に解消する必要があります。ストレスがあると、休日もうまく息抜きができません。

  • 自主性
  • 率先性

自分から仕事を探しにいくくらいの姿勢でいてはじめて、周囲の人は評価してくれます。言われたことをただやるのではなく、自分で考えて行動することが大事です。

大学の学びで役立ったもの

講義ではありませんが、大学時代は外国人・老若男女問わず、積極的に自分から話すようにしていました。それによって初対面でも恐れず、どんな人とでもコミュニケーションを取れる力が身についたことは、今の仕事でも役に立っています。仕事でさまざまな方と関わりますが、元気よく対応ができると、やはりいい反応をいただけます。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

ファーストフード店でマネージャーをしていた経験で、経営におけるマネジメント力を鍛えられたと思います。トラブルが起こった場合の対応の手順なども身についていたので、今の仕事でもトラブル時に必要な「報告・連絡・相談」の3ステップを焦らず実行することができており、スムーズな問題解決につながっています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    41社以上
  • 内定をもらった会社数
    4
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
大学の図書室で、エントリーシートの書き方についての本を片っ端から読みました。他の人が書きそうにないオリジナルな文言があれば、それを参考にして、エントリーシートを作成しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 6月

対策したこと
大学内で筆記対策の無料セミナーがあったため、参加しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 1月

対策したこと
友達に面接官役をしてもらって練習しました。
インターン
対策したこと
大学3年の夏、時事通信社の記者および校閲部門で、実際の仕事を体験しました。取引先の販売会社や広告代理店にも連れて行っていただき、広告業界の流れを身をもって知ることができました。インターンの経験を就職活動の面接で話すことはなかったですが、自信にはなるので、やっておいて損はないと思います。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 企業のインターンプログラムに参加

実際の企業に入ることでアルバイトとは全く違った雰囲気を知ることができました。

今の会社から内定をもらえた決め手

面接で、長い時間悩むことなく自分の考えをスムーズに発言できたこと、明るい笑顔で対応できたことがよかったと思います。

高校時代に就きたかった職業

英語を使う仕事がしたいと考えていましたが、英語に苦手意識ができ、あきらめました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

仕事を考えるうえで、職種だけでなく、勤める会社が存続していけるかどうかも重要なので、「業界」にも目を向けた方がいいと思います。福利厚生や給与なども観点に入れつつ、自分が長く勤められるかどうか、仕事とプライベートのバランスが取れそうかどうか、ということも考えた方がよいです。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

どんな仕事に就くとしても、一般常識は必ず役に立つので日ごろからニュースには目を通しておくことが大事だと思います。社会に出てからは常識の部分は誰も教えてくれないので、自分で知識を増やす努力をしておいてください。そのうえで、システム開発に必要なコードや専門用語を少しでも知っておくと、よりいいと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択