• 特殊法人/財団法人/その他団体・連合会など
  • 事務系

特殊法人/財団法人/その他団体・連合会など
編集者 Mさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 大阪大学
文学部 人文学科
取得資格(大学時):教員免許
留学経験:なし
部活・サークル:軽音楽部
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

フリーマガジンの編集をしています。取材や誌面制作をお願いする外部スタッフの選定から、毎号のテーマ設定、校正まで一連の流れに携わります。

読者に近い目線を持つ編集者でいることを常に心がけています。発行日があらかじめ決まっているので、スケジュール(原稿の締切日など)をしっかり管理することを心掛けています。マガジンには読者アンケートがついており、「面白かった」「これからも頑張って」など前向きな意見をいただけるとうれしくなります。

またマガジンに掲載した商品や場所の人気が出て、話題になることにも喜びを感じます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 協働力

社内・社外問わず、多くの人の協力がないと成立しない仕事だからです。それぞれの立場を踏まえ、「どのように話せばこちらの意見が伝わるか」ということを常に意識しています。

また今後も継続して発行するためには、一人ひとりとの関係を大事にしていく必要があります。

  • 自己統制力
  • 柔軟性

フリーマガジンの制作中、どうしても予定通りに進まないという事態が発生します。そのときに、すぐに上司に対応方針を相談し、臨機応変に対応する姿勢が大事です。

また日ごろから、相談できるような関係性を築いておくことも必要です。

大学の学びで役立ったもの

ゼミで、それぞれの研究テーマについて1人15分程度の発表を行う機会があり、「どうすれば相手に伝わるか?」ということを相手の立場に立って考える力がつきました。質疑応答に対し、納得してもらえる答えを返すための柔軟な思考力も身についたと思います。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 部活・サークル

軽音サークルでは数名の幹部を中心に毎月1回ミーティングを開き、活動の方向性を決めていました。その場で書記や司会を務めた経験から、各々の意見を聞きながら、皆が納得できるような方向に話をまとめていく力が身についたと思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    21〜30
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学2年 10月

対策したこと
先輩・友だちに添削してもらいました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学2年 12月

対策したこと
SPIの本を買って解きました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学2年 12月

対策したこと
質問を想定して、自分なりに言いたいことを紙に書いて整理しました。
インターン
対策したこと

教育系出版社の1DAYインターンシップに参加しました。内容は「自分が本を作るなら?」というお題についてグループで考えをまとめるものでした。

インターンシップはさまざまな業界の内部をのぞけるチャンスだと感じました。企業によっては採用につながるところもあるようです。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

大学のOB・OGが来てくれて、社会人生活の率直な感想を語ってくれました。

今の会社から内定をもらえた決め手

グループワークの際、学生時代のサークルのミーティング経験を生かして書記を務め、話し合いをまとめる役目を果たせたこと。

面接時、自分を偽らず正直に考えを話したことや、会社の今後の動向に関する質問をしたことが決め手になったと思っています。

高校時代に就きたかった職業

マスコミ関係の仕事に就きたいと思っていましたが、就活で選考に落ちてしまいました。また、休みが少なく体力のいる仕事なので、自分には難しいとも感じていました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

例え興味が持てないことでも、誰かに誘われたりすすめられたりした時は、ぜひ一度飛び込んでみて欲しいです。

自分の好きなことだけで進路・仕事を考えると、選択の幅が狭まってしまうし、いざ仕事に就くとき、もし希望する業界に入れなければ落ち込んでしまうことになります。できるだけ広く、何にでも興味をもって、自分の可能性を広げてほしいと思います。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

学内だけでなく、学外の人とも関わりを持つこと。職場には世代の違う人たちもたくさんいるので、さまざまな人とコミュニケーションを取れるようボランティアや学外での活動を経験してください。学校だけが自分の世界だと思わず、視野を広げてほしいです。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択