• 公社/官公庁/学校
  • 事務系

公社/官公庁/学校
学校職員 Sさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 明治学院大学
文学部 英文学科 英語学コース
取得資格(大学時):秘書検定3級
留学経験:なし
部活・サークル:英語研究会
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

私立大学の教務課で事務職員として働いています。学生の成績管理など、担当の学科に関わるほぼすべての事務に関わっています。

少しでもわからないことがあればそのままにせず、細かいことでも上司や教員など関係者に相談したり確認したりするようにしています。何のトラブルもなく、担当学科の行事や教務課に関係のあるイベントが一つひとつ終わっていくことが、一番のやりがいだと感じています。

また、大学職員の仕事として、一般にイメージされる窓口業務もあり、学生からの質問・相談への対応に、お礼を言われたときもやりがいを感じます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 共感性

相手の状況、考え方、置かれている立場をまずは正しく、偏見なく理解することで、自分のやるべきことが見えてきます。

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

相手の言いたいことを正しく理解したうえで自分の対応を見極め、考えを言葉にして相手にわかりやすく伝え、やるべきことを行動に移すことが大事です。

大学の学びで役立ったもの

特定の講義ではありませんが、大学で学んだ「自分のことはすべて自分で責任を持って行う」という姿勢は、社会人になるために必要な要素でした。課されたことについて手法(レポート、グループワーク) や締め切りなど、やるべきことをきちんと把握し、自己管理することが大切だと学びました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

締め切りや提出方法は守る、挨拶は必ずする、遅刻しない、相手に対する思いやりを忘れないなど、社会人として必要なことを大学の講義や大学生活を通して学びました。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    41社以上
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
とにかく書いてみて、友だちと見せ合い、感想を言い合い、間違いは指摘し合いました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
対策本を解きました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
想定される質問事項はあらかじめ答えを考えておきました。
インターン
対策したこと
会社が開催していた説明会やワークショップ、グループワークの機会などに参加しました。 ほかの就活生など同じ立場の人と話せたり、意見交換ができたりという点で、自分にとってのメリットはあったと思います。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 就職情報サイトに登録・閲覧

多くの企業の情報を得られました。

今の会社から内定をもらえた決め手

面接において、信念や考え方、経験から学んだことなど、個人の価値観が問われるような質問事項には、真面目に答え、決してうそをつかないことが大事だと思います。

高校時代に就きたかった職業

中学校の教員になりたいと思っていましたが、教育実習に行き、教員という仕事の厳しさややりがいを実感したうえで、自分には難しいと感じ、諦めました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

将来就きたい仕事が具体的に決まっていなくても、焦らずゆっくり、自分は何に興味があるのか、何が向いているのかをしっかり考えること。世の中にはどんな仕事があるのかなど、まずは一般的な知識を身につけ、選択肢を広げること。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

今現在自分がやりたいと思えることを、まずはがんばって続けること、もしくははじめてみること。もし具体的に職業が決まっているのであれば、それに関することをとことん考えてみてください。

例えば大学職員ならば、「大学とはどういうところか」「学生、職員、先生など大学にはどんな人がいるのか」「私立大学・国公立大学などそれぞれの大学の特徴は?」といったような、大学に関わることをしっかり深めて考えてみることです。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択