• 医療関連
  • 医療・看護系

医療関連
看護師 Gさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 日本赤十字秋田看護大学
看護学部 看護学科
取得資格(大学時):看護師
留学経験:なし
部活・サークル:赤十字奉仕団
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

医師の診療の補助、患者さんの療養の世話が主な仕事です。世間では“白衣の天使”などと言われることもある職業ですが、実際は毎日病棟を走り回る忙しい仕事です。

忙しい毎日ですが、もちろん患者さんの前ではいつも笑顔を心がけています。退院された患者さんから手紙や年賀状をいただいたりするとうれしいです。

また、例えば地元が同じ患者さんが入院されて、地元の話ができると楽しいし、その方が退院されたあと、地元に帰って偶然お会いし、元気な姿を見られたりすることも大きな喜びです。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 共感性

患者さんがご自身の病気や治療について、どのような思いを抱えているのか、またその家族はどんな気持ちでいるのかを知るためには、まず話をよく聞いて、共感することが必要だと思います。

不安な気持ちから、看護師に対して攻撃的な態度になってしまう家族の方もいらっしゃいますが、そういうことも理解していることが大事です。

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

患者さんの症状や血液データなどから病名を予測したり、今後起こりうる症状や行う治療について不明点がないよう説明し、同意を得たりすることも看護師の重要な仕事です。

今何が一番問題なのか、患者さんは何が一番問題だと思っているのかを把握して、看護していくことが大切だと思います。

大学の学びで役立ったもの

大学では毎年実習に参加し、また3年生のときに約1年間の臨床実習にも参加しましたが、実習で臨床の場を見て学んだこと、感じたことが今の看護観につながっています。 今では簡単に涙を見せることのないよう心がけていますが、実習生さんが患者さんが亡くなるところを見て涙を流しているのをみると、きれいな涙だなと思うことがあります。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

医師、患者、家族、ほかの看護師、対象はさまざまですが、申し送りや説明の正確さ、わかりやすさ、信頼関係の築き方など、バイトで培ったコミュニケーション力が役立っていると思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    1
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 3月

対策したこと
エントリーシートに関する情報収集をしました。
筆記試験
対策したこと
特に対策していません。
面接試験
対策したこと
特に対策していません。
インターン
対策したこと
夏休みを利用して看護師体験に参加しました。病院のサイトの看護師募集コーナーなどから申し込みができます。 スタッフの働きぶりを見て、職場環境や人間関係を確認することができました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

病院の方が病院のことや仕事内容について紹介に来てくれました。

今の会社から内定をもらえた決め手

身だしなみをきちんとして、髪を乱れないように結んで、笑顔でいること。手指消毒のテストもありました。

高校時代に就きたかった職業

たとえ一人で生きていくことになっても、ちゃんと仕事をして生きていけそうな医療関係をめざしていました。

看護師は家から近いところに看護大学があったこともあり、志望しました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

高校で必ずしも進路を決める必要はないと思いますが、選択肢を広げるためには勉強はしていて損はないです。 自分の将来が見えてこないということは、自分にまだまだあらゆる可能性が残されているということだと思います。必要なのは、そこから自分がどうしたいのかを考えることと、踏み出す勇気です。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

看護師でよかった、楽しい、感謝されてうれしいと思うこともありますが、それ以上に厳しい現場です。

患者さんは元気に退院するだけではありません。病院が、最後の命の場になることがたくさんあります。だからこそ最高のステージにしてあげたい、そのためには自分にももっとできることがあったんじゃないかと、苦悩する日々です。覚悟して、めざして欲しいと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択