• 専門商社(卸)
  • 事務系

専門商社(卸)
経理・財務担当者 Yさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 神田外語大学
外国語学部 英米語学科
取得資格(大学時):TOEIC700点
留学経験:1週間~6か月までの短期留学に行ったことがある
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

商社の経理部で、債権の管理を担当しています。お客様に販売した商品の代金回収を滞りなく行うため、支払予定金額に間違いが無いかなどの確認を行います。

また請求書の郵送や領収書の発行、契約書の取り交わしや保管なども行います。だいたい1か月単位で進めていく仕事なので、自分でスケジュールを組み、締め日を意識しながら仕事をする必要があります。

会社のお金を守る立場なので、ときには指摘したりしながら、きちんとお金を管理していく事が求められます。仕事上、大きな金額を扱う機会が多いので、責任を感じると共に、任せてもらっているというやりがいも感じます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 持続力
  • 誠実性
  • 勤勉性

簿記の知識や、さらに専門的な知識が無いと仕事の幅が広がらないため、勤勉さが求められます。

通常の業務でも、金額が合わないときなど、何が違うのか、どうして合わないのかを根気強く調べていかなければならない場面が多いです。途中で投げ出さない持続力や集中力が必要です。

  • ストレス耐性

会社のお金を任されている以上、大きな責任がともないます。経営者から指摘をもらう機会も多いですし、あらゆる仕事に経営者の承認が必要なので、思うようにスムーズに進まない事もたくさんあります。指摘された事を自分の中で整理し、受け止め、次に繋げる精神力が必要だと思います。

大学の学びで役立ったもの

ちょっとした英語の書面を訳すよう頼まれる事などがあり、大学で英語を勉強してきたことが強みになっていると思います。

また簿記3級の講義も受けていたので、経理の仕事をする上で、当時先生が言っていた事が良い判断材料になる時があります。試験を受ける際の土台にもなりました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

「対人コミュニケーション」という講義を受講していた事があり、会社の中で上手くやっていくためのコミュニケーションの取り方など、今の仕事でも生かされていると思います。

仕事を円滑に進める上で、どう振る舞うかというのは、とても重要だと思います。実際に、こちらの振る舞いや気遣い次第で、助けていただいたり、優しくしていただけることが多くあると感じています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    6~10
  • 内定をもらった会社数
    2
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 10月

対策したこと
大学主催のセミナーに参加しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 7月

対策したこと
大学主催の夏期講習に参加しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
大学の就職課やハローワークで、集団面接、個人面接の対策をしました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 面接対策のセミナーに参加

どんなに良い人材でも話慣れていないと上手く伝らないと思いました。

今の会社から内定をもらえた決め手

熱意が伝わったのだと思います。グループワークでは出しゃばり過ぎず、周りとの協調性を意識しました。

個人面接では、分からないことは分からないと正直に伝え、教えていただきました。面接の終了時間が決められていなかったので、気になることをとことん質問したのですが、あとにそれが好印象だったと伝えられました。

ただし、相手の都合もあるので、時間が大丈夫かどうかなどは気にかけるようにしていました。

高校時代に就きたかった職業

具体的ではないですが、外国と何らかの形で関われる仕事がしたいと思っていました。

理由があって長期で留学する事が叶わず、めざしていた語学力に達することができませんでした。仕事では使えないレベルだと自覚していたので、就活の段階でも英語力を前面にだしてアピールする事はしませんでした。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

手に職をつけることを勧めたいです。社会に出ると、専門性の高い知識を持っていることはとても有利だということがよく分かります。

誰でも代わりがきく仕事は、結婚や出産を経ると、新たに良い条件で就くことが難しいので、いざとなったときに一人でも生活していけるような土台を作れるよう、進路を選ぶべきだと今は思っています。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

経理の仕事をめざすなら、やはり資格の取得は早めにしておくべきだと思います。また資格だけでなく、数字を見て分析出来る力を身に付けておくととても有利だと思います。財務諸表などから経営状況を読み取れるようにしておくと、とても良いと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択