• 教育
  • 教育系

教育
高校教諭 Iさん

社会人歴:1年目/男性

基本 DATA

出身大学 東洋大学
法学部 企業法学科
取得資格(大学時):中学社会科教員免許、高校地歴科教員免許、高校公民科教員免許
留学経験:なし
部活・サークル:福祉系サークル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

高校の教員をしています。担当科目は日本史B。授業は「流れがわかること」を第一のモットーにして、必要な事項が理解しやすいかたちで生徒の頭に入るように組み立てています。

また、知識が定着しているか測るためにも、小テストをこまめに実施します。非常勤講師なので、授業時間に合わせての出勤なのですが、授業外でもなるべく積極的に生徒に声をかけるようにしています。そういうやりとりから、生徒の理解度、やる気度合いがわかるし、自分も背中を押してやることができます。

一生懸命勉強した生徒がテストでいい結果を出したり、「来年も先生の授業を受けたい」と言われたりするときは、本当にうれしくやりがいを感じます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 協働力

相手のことを考えてコミュニケーションとる力です。生徒は一人ひとり個性を持っており、通り一遍の接し方では響きません。また教師の言動はよくも悪くも、色々な受け取られ方をするもの。「相手を思いやる」という筋を一本通しておくことが重要だと考えています。

  • 持続力
  • 誠実性
  • 勤勉性

「継続」が大事です。この仕事では、生徒に平等に接しつつ、一人ひとりに適した指導をすることが必要です。しかも指導の結果はすぐには出ません。観察、研究、実行のスパイラルを地道に重ねて少しずつ上がっていく、そんな毎日です。「長い目」を持たなければやっていけない職業だなと実感します。

大学の学びで役立ったもの

教育課程で行った教育実習です。はじめて実際の学校現場に立って、教員としてのふるまい方、発言の仕方、生徒との接し方、あらゆることを学びました。

大学を卒業して着任すると、新人だろうと「教師は教師」。1年目でも10年目でも求められることは変わりません。「この行動の意味は?」「この場合にはどう応えれば?」立ち止まって考え、また指導教員のアドバイスも受けることができた実習期間がいかに貴重だったか、今振り返ってわかります。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

塾の講師のアルバイトです。普段は10名前後、多いときは30名ほどの生徒に向けて授業していました。指導の経験を積むことができ、また担当科目の日本史の知識も深まりました。加えて、時間があれば日本国内を旅行しました。塾の授業の雑談に生かすこともできたし、自分の見識も広がりました。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    2~5
  • 内定をもらった会社数
    2
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート
対策したこと
特に対策していません。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 10月

対策したこと
予備校の講座も受けましたが、主に市販の教材で自主学習しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学4年 4月

対策したこと
予備校での指導を参考にしました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 就職予備校

業界知識が身につきました。

今の会社から内定をもらえた決め手

自分の出身大学の附属高校であるため、正直、加点があったと思います。ちょうど担当科目で退職する方の代替として採用枠があり、運が良かったのだと思います。

ただ、応募者は多数いました。筆記試験で自分より高得点の方もたくさんいたと思います。その中で選ばれたのは、新卒として謙虚さ、誠実さをアピールした点が良かったのではないかと思っています。

高校時代に就きたかった職業

自分の住む地域で、人のために働く地方公務員になりたいと漠然と考えていました。そのために必要な勉強ができ、資格が取れる大学を選びました。

次第に人に教えることに興味が向き始めて、目標が教員に変わりました。が、試験を突破する必要がある点は共通していたので、自分としてはあまり大きな方向転換ではないと感じています。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

滑り止めだろうと、受験する大学はきちんと調べて選ぶこと。自分の出身大学では取れない資格があることが、入学後にわかりました。受験のときにあまり調べていなかったためです。資格のこと以外では出身大学で過ごした学生時代に不満はないのですが、それは運が良かっただけかもしれません……。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

試験をクリアする必要がある職業なので、計画的に学習する習慣はつけておいたほうがいいです。定期テストなどに対して目標を立て、実現するための計画を作ること。また計画を実行すること。また他人とのコミュニケーション力をあげるために、仲良くない人とも積極的に話してみることをおすすめします。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択