• 医療関連
  • 医療・看護系

医療関連
診療放射線技師 Kさん

社会人歴:1年目/女性

基本 DATA

出身大学 茨城県立医療大学
保健医療学部 放射線技術科学科
取得資格(大学時):放射線技師
留学経験:なし
部活・サークル:ボランティアサークル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

診療放射線技師として医療機関に勤務しています。まだ1年目のためCR、CT、MRI、透視などすべてのモダリティに関して研修中です。専門的なことは別として、毎日さまざまな患者さんに接することが主な仕事です。相手の状況や症状に合わせて、常に気遣いを忘れないように心がけています。

また一方で、女性の技師として、近い将来マンモグラフィ検査を扱いたいという希望があり、認定資格取得のための勉強をしています。知識の習得だけでなく、撮影の技術や機器の精度管理、画像の読影なども学んでいます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 協働力

医療の現場でもっとも重要なのは「連携」です。そのことを、大学でも研修でも学んできました。ミスコミュニケーションは、重大な事故にもつながりかねません。情報のやりとり、手続きを遵守するのはもちろんのこと、周囲の状況を常に配慮する必要があります。

  • 共感性

共感性が大切です。患者と接することが多い中で、相手の立場でその気持ちを考えながら行動することはとても大切です。しかもうわべだけ相手に合わせようとしても、うまくいきません。「相手に寄り添う」ことが医療の現場で求められる姿勢だと思っています。

大学の学びで役立ったもの

放射線業務に関する基本的な知識、機器の原理、使用法、また患者との接し方についてなど。大学でこれらを身に付けたからこそ、この現場に立って職務を遂行することができています。学んだことは実際の現場で役に立つことばかりで、実践的なものでした。大学での学びをしっかり自分のものにできていなかったら、使い物にならなかっただろうと思います。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

飲食店でアルバイトをしたおかげで、いつもきちんと人と接することの大切さを実感できました。接客に慣れると、どうしてもいい加減になる部分が出てくるのですが、それが何かの失敗につながってしまいます。そんな経験を重ねるうちに、自然と毎日気を引き締めて人と接するようになった気がします。今の仕事をするうえで、非常に役に立っています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    1
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学4年 8月

対策したこと
大学の講師に相談しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学4年 6月

対策したこと
大学の講師に指導を受けました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学4年 8月

対策したこと
大学の講師に指導を受けました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

多くの企業を見ることができました。

今の会社から内定をもらえた決め手

大学の講師のサポートのもと、しっかり準備できたからだと思います。まず筆記試験として、医療の現場に関する小論文がありましたが、内容が事前に公開されていたため、大学の講師に指導を受けて充実したものを書くことができました。

また面接に関しても講師と一緒に十分な練習を行ったうえで臨み、自然な態度で受け答えできました。

高校時代に就きたかった職業

特にありませんでした。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

目標とする大学を決めて、その大学に受かるための努力を惜しまないこと。入学試験についても推薦枠などをしっかり調べて、チャンスの幅を広げることが重要だと思います。そして、失敗しても諦めずに何度でも挑戦すること。きっと自分が望む道が開けます。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

医療関係の本、ニュース、テレビ番組など、できる限りの情報に触れてこの職種に関する知識を蓄積しておくことです。専門的な勉強とは違うと思うかもしれませんが、少しでも下地があると大学の勉強も頭に入りやすくなります。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択