• IT/通信
  • 事務系

IT/通信
経理・財務担当者 Mさん

社会人歴:2年目/女性

基本 DATA

出身大学 立教大学
観光学部 交流文化学科
取得資格(大学時):なし
留学経験:1週間~6か月までの短期留学に行ったことがある
部活・サークル:軽音楽部サークル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

IT/通信系の企業で経理・財務担当者として入金管理を担当しています。取引先からの入金を請求と紐付け、合致しないものについては営業担当者に問い合わせるのが日々の業務です。

処理するデータは膨大な量で、しかも金銭のやり取りなのでミスは禁物です。いかに効率的に確実に運用するか、試行錯誤しています。まだこの業務に就いて日が浅いので、耳慣れない経理の専門用語に出会うこともよくあります。そんなときはすぐに調べて理解するように心がけています。また、担当する入金管理はシステム化できる部分が多いため、他社の事例などを調べて自分で効率化を提案したいと考えています。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

分析力、課題発見力です。私の職場では、たんなる現状維持は許されません。ある部分を改善したらまた別の課題を発見して解決にあたる、という姿勢が求められます。物事を漠然と見ることはせずに、そこに潜む課題を見出せる力を高めていきたいと思っています。

  • 自主性
  • 率先性

率先して自分から行動する自主性が大切です。改善すべきことを見つけたとき、解決のために提案したい、行動したい、という意思がなければものごとが動かないからです。指示されたことをただこなすのではなく、自分で考えることでこの力を高めていきたいです。

大学の学びで役立ったもの

所属していたゼミで、グループで論文を書き上げたことです。道筋を立てながらゴールを決めて、そこにたどり着くためにどのような文献を調べるか、など計画・分担して実行するプロセスは、チームで行う仕事に通じるものがあると思います。

また細かい点でいうと、論文に必要なデータの図表を作成した経験が、入社後すぐに仕事の役に立ちました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

仕事上、エクセルを使用する頻度が高いのですが、ピボットテーブルなど基本的な数値処理は大学のゼミで経験していたので助かりました。それでもまだ足りない部分が多々あり、大学時代にもっとマスターしておけばよかったと思うこともあります。アクセスも入社後に使うようになり、非常に便利なものだと知りました。パソコンのスキルはしっかり身につけておくべきです。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    31~40
  • 内定をもらった会社数
    3
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 7月

対策したこと
インターン応募で初めて作成し、それを推敲していきました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 10月

対策したこと
SPIの問題集を徹底的に繰り返しました。間違えた箇所をチェックし、間違えた問題を何周もしました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
大学の就職相談窓口で指導を受けました。
インターン
対策したこと
大学3年の夏に1週間のプログラムに参加しました。チームで取引先からの依頼にもとづいて提案を考え、プレゼンテーションするものでした。あとから考えれば、あまり実践的なものではなかったです。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 企業のインターンプログラムに参加

憧れていた会社がものすごく大変だとわかって逆に良かった。

今の会社から内定をもらえた決め手

「聞く姿勢がよかった」と入社後に上司に言われました。確かに、面接では相手にも気持ちよく対話しようと心がけていました。相槌や相手への質問の仕方には特に気を配りました。

ほかに「会社・部署の雰囲気に合っていた」とも言われましたが、実際に配属先では自分もストレスなく楽しく働けているのでそのとおりなのだろうと思っています。

高校時代に就きたかった職業

ツアープランナーになりたかったので、大学も観光学部を選びました。大学入学後も時間を見つけて、可能な限りたくさん旅行しました。その結果、旅行は別に仕事にはしたくない、趣味のままで楽しもうという結論にたどり着きました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

自分の目の前にある、興味関心の思むくままに突き進んで行き着いたところから、まったく新しい別の道がはじまったりする。でも、それでいい。自分は後悔しないから、自由に好きなことをやればいい、と言いたいです。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

自分の意見を言える人間になることが大事です。言われたことをそのままやっているだけでは評価されないし、何よりつまらないと思います。周囲とコミュニケーションを取りながら自分で考え、自分なりの意見をまとめて発信する練習をするといいのではないでしょうか。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択